2017年01月14日

インドのガンジス川で船が転覆し、少なくとも26人死亡!

自然

AFP、インドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」は2017年01月15日に、インド東部ビハール(Bihar)州で2017年01月14日に、たこ揚げの祭典から帰る人々らが乗った船がガンジス(Ganges)川で転覆し、州災害当局者によると少なくとも26人が死亡したと報告した。

現在も不明者の捜索が続いており、死者の数は増える恐れがあると伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

転覆した船はエンジンのない木造船で、州政府の主催で毎年、州都パトナ(Patna)近郊で開催されるヒンズー教の祭典に参加した人たちが乗っていたが、定員を超えていたという。

私も昔、パトナで同じようなエンジンのない木造船に乗ったことがある。
インド人の中には、泳げないのに船に乗る!

乗船者名簿がないため、船に乗っていた正確な人数は不明だが、警察は少なくとも40人としている。

お祭りだと、もっと多いことだろう。

現在も救助隊が24時間体制で不明者の捜索を行っており、テレビでは乗客の親族らが川岸で見守る中で続く捜索活動の様子が放映された。

川は濁って、確か川いるかやワニもいる!ここらの川いるかやワニは火葬の死体が焼け切らないで流れてくると食うと聞いた。

インドでは船の事故が多発しているが、定員超過、ずさんな整備、手薄な法規制に加え、救命胴衣などの安全装備の欠如が主な事故原因となっている。

インド人に救命胴衣を持たせたら、盗んで街で売ることだろう。

2015年9月にも北東部で、豪雨で増水した川でフェリーが転覆し約20人が死亡している。

パトナ(Patna)近郊の渡船の緯度、経度
25°39'04.9"N 85°04'11.5"E

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告