2017-01-15

キヤノンが開発参画した最小ロケット打ち上げ失敗!

宇宙

日本経済新聞 電子版は、JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)が2017年01月15日午前8時33分に、超小型衛星専用ロケットで、キヤノングループが制御機器の開発にかかわった電柱ほどの大きさのミニロケット「SS-520」4号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げたと報告した。

「SS-520」は、「S-520」の第1段ロケットと、新規開発された第2段ロケットを組合わせた2段式観測ロケットで、観測用のロケットを超小型衛星用に改良したことから「SS-520」4号機とされている。
第2段のモータ・ケースはCFRP製で、軽量化と高圧燃焼によって性能向上を実現した。

直径520mm、打上げ時の重量約2,600kgで、140kgのペイロードを約800kmの高度まで打上げる能力を持っている。
さらに、小型の第3段ロケットを付け加えることによって地球周回軌道にミニ衛星を打上げることも可能にした。

第1段飛翔中はS-520ロケットと同様に、尾翼を使って空気力学的に姿勢安定を保つことができる。
第2段以降の飛翔では、ロケット全体を回転させスピン安定方式により姿勢を安定化させる。
スピン状態のまま姿勢変更が必要な場合には、ラムライン姿勢制御装置を搭載する。

また、「S-520」は、K-9M、K-10型ロケットに代るものとして宇宙科学研究所(現JAXA宇宙科学研究所)が開発した単段式ロケットで、高性能推薬および最適推力プログラムの採用し、構造の軽量化によって、単段式だがK-9Mに倍するペイロード能力を有している。

4号機は全長が約9.5mと主力ロケットのH2Aの5分の1ほどで、直径は約50cm、重さは2.6トン。携帯電話などに広く使われている半導体などの民生部品を使い、機体の製造や一部機器の開発も含めた打ち上げ費用を約5億円に抑えた。

今回は東京大学が開発した超小型衛星「TRICOM1」を搭載した。
7分30秒後に衛星を分離し、予定の軌道に乗ったかどうかは約3時間後に判明するとつたえていたが、毎日新聞は、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなったため、、打ち上げ3分後に予定していた第2段への点火を中止して、打ち上げは失敗したと報告した。

ロケットは、東京大学が開発した超小型衛星「TRICOM1」ごと内之浦南東沖のの予定落下区域の海に落下した。人工衛星を軌道に投入する世界最小のロケットとしていたが、技術が不完全だった。

「TRICOM1」は、縦横約10cm、高さ約35cm、重さ約3kg。地球の周りを楕円(だえん)軌道で回り、地表の撮影やデータ通信をする予定だった。

このロケットは、国際的に利用が急拡大している超小型衛星の打ち上げ手段の一つとして技術の可能性を確かめる狙いで開発された。

JAXAの打ち上げは今回限りである。
ただし、民間で同様の小型ロケットが開発されれば、打ち上げの時期や投入する軌道などに利用者の希望を反映しやすく、利便性が高まると期待されている。
これまでは大型ロケットの隙間(すきま)への「相乗り」が主な打ち上げ手段で、機会も限られていた。

このような小型衛星の打ち上げで成功した先駆けは、大阪の東大阪市の町工場の技術者が打ち上げた「まいど1号」であった。」

「まいど1号」の打ち上げに成功した人は、負債を抱えて倒産したと聞いている。

内之浦宇宙空間観測所の緯度、経度
31°15'04.5"N 131°04'34.0"E