on-the-time.jp

2017年01月14日

日本のお灸が、アフリカで大活躍!

健康美容と医学の科学

毎日新聞は、アフリカで結核により毎日約2000人が亡くなるとされ、英国のチャリティー団体「モクサアフリカ(Moxafrica)」が日本のお灸(きゅう)に着目し、治療に伴う薬の副作用を和らげるのに活用していると報告した。

日本で戦前に行われていた研究を基にしており、現地の大学と協力して感染拡大防止の効果を調べる臨床研究も進めている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

結核は、世界でエイズに次いで死亡者が多い感染症で、WHO(World Health Organization/世界保健機関)の推計で年間約150万人が死亡している。特にアフリカは人口当たりの新規患者数が多く、エイズウイルスとの重複感染や主要な薬が効かない多剤耐性結核の広がりも対策を難しくしている。

モクサアフリカは、お灸に使う「もぐさ(百草)」が名前の由来で、英国の2人のしんきゅう師マーリン・ヤング(Merlin Young)、ジェニー・クレイグ(Jenny Craig)が2008年に設立した。米国のしんきゅう師免許を持つ日本人の伊田屋(幸子(Sachiko Itaya)も参加している。

代表理事のマーリン・ヤングらは、抗生物質が今のように普及していない1930年代に、灸に関する論文などを残した原志免太郎(Shimerato Hara)医師(故人)が結核治療に取り入れる研究をしていたのを知り、アフリカで活動を始めた。

まず、ウガンダや南アフリカで、看護師らに結核の治療薬を服用中の患者らへのお灸のやり方を指導。約半年間飲み続けなければならない薬には関節痛や食欲不振などの副作用があるが、お灸で症状が緩和する傾向がみられた。

2012年からは、ウガンダの大学と共同で、お灸の効果を科学的に調べる研究も始めた。180人の結核患者を対象に、治療薬の投与のみと、治療薬にお灸も加えたグループの経過を比較したところ、お灸をした患者の方が結核菌を排出して他人に感染させる期間が縮まった割合が高く、関節痛も減らせた。免疫力が高まったためと考えられるという。

マーリン・ヤングは「お灸は安価で水も電気も要らない。さらに研究を続けて困っている人を助けたい」と話してる。

日本には、御嶽山に「日野百草丸」というのがあり、祖祖母が御嶽山の信者で、子供の頃から何かあるとのまさせられていた。

もぐさ(艾)は、主に灸に使用されるヨモギの葉の裏にある繊毛を精製したもので、ローマ字表記は「moxa」として取り入れられている。
また、実家の近くでは「伊吹もぐさ」「せんねん灸もぐさ」が知られ、母親が使っているのを見て、熱そうで逃げたことがある。とくにオネショをすると、「灸をする。」と言われた。

また、最近では「もぐさ」を使った「ホクロやイボの除去」が話題になっている。
ただし、「もぐさ」と「ホクロ除去用もぐさ」では、値段が10倍も違うのは何故か不明。また、失敗例もある。
また、自分で「もぐさ」を作ってしまった人もいる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。