2017年01月13日

92歳の母親に豚小屋での生活強制?!!〜〜〜

AFPは、急速に進む高齢化社会への母親を捉えた動画がインターネット上で拡散し、非難の嵐を巻き起こしていると報告した。

広西(Guangxi)省の地元紙南国早報(南国早报/Nanguo Morning News)によると、ヤンという苗字のこの女性は十分な食事と衣服を与えられなかったばかりか、息子夫婦からたびたび殴られたり叱られたりしていたという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

中国版Twitterとも言われる「新浪微博(Sina Weibo)」に公開された動画には、ヤンのひどい生活状態が捉えられているとともに、「何も見えない」と力なく語りながら囲いの柵に向かってゆっくりと進むヤンの姿が映っている。

南国早報によると、息子夫婦は自宅の隣にある、ドアすらなく柵と石壁で仕切られた場所を「台所」と呼び、ヤンさんが自らそこに移り住んだと主張し、ヤンを豚小屋に閉じ込めたとの疑いを否定した。

ヤンは地元当局により救出され、地元の病院で治療を受けているものの、完全には回復していないという。

ヤンの動画は、今月初めにインターネット上で拡散した。その後、救出の際に粗末な身なりのヤンを撮影した写真が新浪微博に投稿された。

これらの動画や画像は中国のインターネット・ユーザーたちを激怒させた。あるユーザーは「年老いたら自分の子どもたちから同じ目に合えばいい」と怒りをあらわにし、息子夫婦の行動を「非人道的」で「獣のようだ」と激しく非難している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。