2017年01月06日

トランプ次期政権の徹底見直しで、駐カナダ米大使が辞任表明。

政治

AFPは2017年01月07日に、ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米国大統領の政権移行チームが、オバマ政権下で政治任用された各国駐在大使に大統領就任式までに辞任するよう求めたことを受け、初めて、駐カナダ米大使が2017年01月06日に、辞任の意向を明らかにしたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ブルース・ヘイマン(Ambassador Bruce A. Heyman)駐カナダ米大使は「要請に従い、2017年01月20日をもって駐カナダ米国大使を辞任する。」とTwitterに投稿した。ヘイマン大使は退任するバラク・オバマ(Barack Obama)現大統領と親しい。

米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は2017年01月05日、トランプの政権移行チームが、キャリア外交官としてではなくオバマ政権下で政治任用された大使らに対し、2017年01月20日の大統領就任式の日までに辞任するよう命じる一括要請を送ったと報じていた。ニューヨーク・タイムズ紙はこの方針に詳しい外交官筋の談話として引用している。

政治任用で任命される大使らは、任命する大統領本人と親しい人物であることが多い。
ニューヨーク・タイムズ紙によると、これまでは政権交代後も数週から数か月の間は留任が認められてきたが、トランプ次期政権の動きはこうした先例を破るものとなる。
各国駐在大使の任命には上院の承認が必要で、トランプ次期政権のこの決定により、主要国に何か月間か米国大使が駐在しない状態が生じる可能性があると指摘している。

FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)委員長も政治任用されてきたが、任期までは前任者が続いていたが、今回は、どうなるのだろう。

2013-05-02---新しいFCC長官が指名された。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告