on-the-time.jp

1月7日

人の日(人日)と七草粥、小豆粥。そして爪切り!

超過去

古来中国では、正月の1日を「鶏の日」、2日を「狗(犬)の日」、3日を「猪の日」、4日を「羊の日」、5日を「牛の日」、6日を「馬の日」とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を「人の日」として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

つまり、これらを中国では食べていたということで、人が人を食っていた。
篠田 統著「中国食物史」には、子供の料理法もある。

東方朔の『占書』(东方朔占书)にある中国の古い習俗で、正月1日から6日までは獣畜を占い、7日には人を占うところから、「人日」というようになった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

とくに「人の日」は、1月7日の「人日(jinjitsu)」、3月3日の「上巳」、5月5日の「端午」、 7月7日の「七夕」、 9月9日の「重陽」の五節句の最初の日で、「芹(seri)」「薺(nazuna)」「御形(gogyo)」「繁縷(hakobera)」「仏の座(hotokenoza)」「菘(suzuna)」「蘿蔔(suzushiro)」の7草粥の日でもあるが、中国では、7種類の野菜を入れた「羹(atsumono)」を食べる習慣があり、これが日本に伝わって、15日の「小豆粥(Azukigayu)」の影響で、室町時代以降に汁物から粥へと変わって七草粥となった。日本では平安時代から汁物で始められ、江戸時代より七草粥が一般に定着した。

15日の「小豆粥」には、「米(kome)」「麦(mugi)」「稗(hie)」「黍(kibi)」「小豆(azuki)」「胡麻(goma)」など、現在の五穀米や七穀米の粥と言える。

私は以前、知人が七草粥の材料を出荷するので手伝えと言われ、山梨の長坂まで駆り出されたことがあった。
もっとも、七草粥の材料は畑や田んぼの脇に馳せていたのをいくつか加えて出荷していた。

「羹」とは、ピンインで「gēng (geng1), láng (lang2)」、ウェード式で「keng1, lang2」、広東語のイェール式で「gang1」と発音し、ハングルでは「갱」と表記する。
また、日本では、呉音で「キョウ(キャゥ)」漢音で「コウ(カゥ)」慣用音で「カン」と発音し、日本でよく見る語句としては、「羊羹」があり、

意味は、肉や野菜を入れた汁物の類。とろみがありなかなか温度が下がらない冬の食べ物である。
いわゆる茶懐石などに用いられる「煮物椀」のようなものと考えられる。
また、「羹」は「うどん」を指し、宮中に仕えた女性が用いた言葉「女房詞」でもある。「羹」という漢字は羊に美しいと書くが、これは、高級品であった羊の肉出会ったが、大きな羊のことを「美」とかいたことはら、「美味」とは、大きな羊の味であった。それを「まる煮した子羊」+「美味しい」という意味だといわれている。

つまり、ものすごく美味しい羊の料理が「羹」であった。それを模して、羊の肝の形に似せて入れ物に、作った小豆の蒸物を入れたものも「羹」であった

また、この七草を浸した水で爪を柔らかくしてから、爪を切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

0000-01-07---七草。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。