2016年12月29日

根津甚八、死去!

人物

日刊スポーツは、NHKのドラマ「男たちの旅路」「黄金の日日」などで知られる元俳優の根津甚八(本名:根津透/1947 - 2016)が2016年12月29日に、死去したと報告した。
69歳だった。
所属事務所に死去したという連絡があったと伝えている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

1969年に唐十郎が主宰する状況劇場に入団し、1979年まで在籍した。
1978年にNHK大河ドラマ「黄金の日日」に石川五右衛門役で出演して注目された。
また黒沢明監督の映画「影武者」「乱」にもメインキャストとして出演するなど、抜群の存在感と演技力で名脇役として活躍した。

1993年には撮影中に落馬し、脊椎損傷で、余儀、車いすの生活をしていた。

根津甚八は、歯科医師の家の三男として山梨県都留市で生まれ、2002年頃から右眼下直筋肥大を発症し、2004年07月には交通事故を起こし、被害者を死亡させた。2009年には、『週刊現代』でうつ病を患っていることが明らかにされ、2010年09月に俳優引退を発表し、演出家、脚本家として、活動していた。

しかし、2015年に石井隆監督による映画「GONIN サーガ」に出演して一時的な復帰を果たしていた。

その後は、再び療養生活を送っていた。

ブログは、2008年02月08日が最後であった。

まだ、所属事務所やブログで、情報が公開されていないし、死因についても分かっていない。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。