on-the-time.jp

2016年12月18日

フィリピン大統領、強力鎮痛剤の使用認める。

麻薬とメディア

AFPは、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が強力な鎮痛剤で、合成オピオイドであるフェンタニル(Fentanyl)を使用していたこと認めたことから、ドゥテルテ大統領の健康に関する懸念が強まっていると報告した。

議員らは2016年12月18日に、大統領に健康診断を受けてその結果を公表するよう促した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ドゥテルテ大統領は2016年12月12日に、過去にオートバイの事故で脊髄を痛めたために、がんや慢性疾患の患者に処方されることが多いフェンタニルの貼り薬をよく使用していたと公表した。

しかしドゥテルテが処方された量を超えて「フェンタニルを乱用」していると知った医師に、同剤の使用を止められたという。

扇動的な言動で知られるドゥテルテ大統領は、これまで数千人が殺害されている同大統領が進める麻薬撲滅戦争や、米国やUN(United Nation/国連)に対する過激な発言などで物議を醸している。

フィリピンの議員らは、ドゥテルテ大統領がフェンタニルの使用を認めたことで、同大統領の健康状態に関する憶測が再燃したと主張している。

ドゥテルテに関しては大統領選の選挙運動中、がんを患っているとの噂が広まっていた。ドゥテルテは繰り返し噂を否定している。

ドゥテルテ大統領に近いカルロス・ザラテ(Carlos Zarate)議員はAFPの取材に「このような憶測を止めるには、苦しんでいる痛みに大統領がどのように対処しているかを主治医から説明してもらった方がいいかもしれない.」と語った。

フェンタニルはモルヒネより100倍強力と言われ習慣性も高い。
2016年04月に米国のミュージシャンのプリンス(Prince)さんが誤ってフェンタニルを過剰摂取して死亡したことから問題視されている。

2016-04-21---プリンスが、自宅で死んでいるのが見つかった!
2016-04-15---米国ミュージシャンのプリンス、機内で体調悪化、緊急着陸!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。