gaYa広告

2016年12月18日

奪取された潜水機の返還で合意に、トランプは「返さなくていい」

調査戦争と平和

毎日新聞は2016年12月18日に、中国海軍が南シナ海のフィリピン沖で米海軍の無人潜水探査機を奪った問題で、DoD(US Department of Defense/米国国防総省)のクック(Peter Cook)報道官は2016年12月17日に、中国側と返還で合意したことを確認する声明を発表した。これに先立ち、中国国防省の楊宇軍報道官が談話を出し「適切な方法で引き渡すことを決定した」と表明していた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

一方、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領は2016年12月17日、Twitterで「前代未聞の方法で探査機を盗んだ」と中国を非難した。

中国が探査機返還を表明した後には、「盗んだ探査機は返さなくていいと中国に言うべきだ。そのまま持っていればいい。」と強硬なメッセージを書き込んだ。

中国が米国探査機を奪うという手段に出たのは、台湾問題などを巡るトランプの言動に対する反発とみられている。

返還合意で今回の事態は鎮静化したとしても、2017年01月20日のトランプ政権誕生後、南シナ海を巡る米中の緊張が高まる可能性が考えられる。

クック報道官は声明で「中国の不法な探査機の奪取に異議を申し立ててきた。中国当局との直接のやりとりを通じ、探査機の返還で合意した」と説明している。具体的な返還方法や時期は決まっていない。

中国の楊報道官は談話で「正体不明の装置を見つけ、船や人員への危害防止のため調査をした。」と主張した。「米国は中国に面した海域で頻繁に軍事的測量を行っており、中国は断固反対する。」と強調し、測量活動を即座に停止するよう求めた。

誘拐しておいて、抗議するというやり方は、以前から中国の方式だが、トランプはこれを許せないということだろう。
オバマの弱腰政権との違いを明確にしている。

2016-12-15---米国の無人潜水機、中国海軍が誘拐!
2016-12-12---トランプの「一つの中国」疑問視で、中国紙は、「子ども」と言った。
2012-12-04---イランが、また米国の無人機ScanEagleを「湾の上で捕らえた。」
2011-12-09---イラン、「撃墜した米国の無人偵察機」の映像を初公開!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト