on-the-time.jp

2016年12月17日

フェイス・マークとASCII Artの合体で絵文字を創造。

アート

ArtDailyは、ボックス・マイスの控えめなフェイス・マーク、逆さまな目、粗野な天候シンボル、および基本のハートのための「V」から造られた絵文字(emoji)は今や世界の最も成長力が高い言語に爆発したと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

現在約1,800絵文字がある。それらは感情からすべてを踏破し、職業への食物人種的に多様で、スマートフォン時代の不可欠な部分になった。

デジタル・ヒエログリフはそんなに重要に見られて、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)とパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の作品のためのMOMA(New York's Museum of Modern Art/ニューヨーク近代美術館)は、オリジナル176デザインを展示している。

これらの文字を作成した人栗田穣崇(Shigetaka Kurita)は、まだ彼のアイデアの成功によって驚いているけれども、彼が明らかなニーズを満たしていたと言う。

「それは、彼らがテキストメッセージを交換していた時にフェルトが迷惑をかけた日本語ではなかっただけである。私達は、同じ物に触れるすべてであった。」と、彼はAFPに言う。

栗田は1999年に、主要なテレコムでNTTドコモで、現在の黄色いスマイリー・フェースの先駆けとしてかろうじて認識可能なぶざまな最初の絵文字のうちの1つを彼がスケッチした。

栗田は、また、天気予報などのどのように情報を携帯電話の小さいスクリーンでよりアクセス可能にするかによって、視覚教材が助けると決めて実験していた。太陽と傘シンボルが出現し、「開く」と「閉じる」は、彼の最も早い作成の間にあった。

インスピレーションのために、栗田は、彼が、日本のポピュラーなマンガコミック、および漢字として知られている文字と混ぜられた音声の手紙の2セットを使う国の複雑なライティング・システムをたたいたと言う。

しかし、その結果はフェイス・マークとASCII Artの合体で絵文字であった。
初期の多機能携帯電話で、日本はASCII Artが爆発し、女子高生がどんどん新しいパターンを考え出した。

絵文字の元祖は、無名の渋谷にいた女子高生だった。

メモリー容量が増えて、ASCIIコードに限る必要がなくなった。

その前には、活字アートもある。
江戸切子もその原型の一つである。

2012-09-19---冗談で始まった絵文字が30周年!
1982-09-19---最初に「スマイリー・フェイス」の「:-)」を書いた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。