on-the-time.jp

2016年12月17日

ラスコー洞窟壁画の芸術センターの写真10枚。

アート

ArtDailyは、The Best Photos of the Dayとして、仏南西部ドルドーニュ県の世界遺産で、約2万年前に描かれたラスコー洞窟(Lascaux caves)壁画を復元した「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」の写真10枚を公開した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ルーブルや大英博物館など多くのの博物館や美術館が返却要求されているが、これなら、少し工夫をすれば、どこにでもラスコー洞窟壁画を再現できる。

文化泥棒でもない。

国立科学博物館でもラスコー洞窟壁画が再現できる。
法隆寺壁画でも世界で展示できる!

完全に博物館が宝物主義から脱却し、本物の博物館にできる!

古臭い泥棒主義の博物館の時代は終わった。

2016-12-10---ラスコー洞窟壁画の芸術センター完成。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告