2016年12月17日

ラスコー洞窟壁画の芸術センターの写真10枚。

アート

ArtDailyは、The Best Photos of the Dayとして、仏南西部ドルドーニュ県の世界遺産で、約2万年前に描かれたラスコー洞窟(Lascaux caves)壁画を復元した「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」の写真10枚を公開した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

ルーブルや大英博物館など多くのの博物館や美術館が返却要求されているが、これなら、少し工夫をすれば、どこにでもラスコー洞窟壁画を再現できる。

文化泥棒でもない。

国立科学博物館でもラスコー洞窟壁画が再現できる。
法隆寺壁画でも世界で展示できる!

完全に博物館が宝物主義から脱却し、本物の博物館にできる!

古臭い泥棒主義の博物館の時代は終わった。

2016-12-10---ラスコー洞窟壁画の芸術センター完成。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告