2016年12月07日

アイルランドはAndroid Pay初公開で、スタートを維持。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、セクタの優越についてライバルのアップルとサムスンと競い続けると、GoogleはAndroid Payモバイル支払いサービスのため、7週で4番目のスタートを完遂した。

2016年12月07日に、アイルランドのサービス・デビューは、香港、ポーランド、およびニュージーランドの初公開に続いている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

Googleは、イーソン(Eason)、マクドナルド(McDonald’s)、テスコ(Tesco)、およびスパー(Spar)を含むコンタクトレスの支払いを受け入れるアイルランド全体で、数千の場所で働くと言った。

また、Adverts.ie、Deliveroo、Uberなどのアプリによって働く。

しかし、サービスは、最初、国の最も大きい銀行のうちの2つAIBとKBCが持つVisaとMastercardクレジットとデビット会員証所有者が利用可能だけである。

アイルランド銀行(Bank of Ireland)、アルスター銀行(Ulster Bank)、パーマネントTSB(Permanent TSB)などのライバルの顧客は待つ必要がある。

Googleは、数ヶ月で他の銀行が追加されると言った。

銀行と協定を取り決めることはより広い有効性からGoogleとそのライバル相手をためらわせたボトルネックで、しかし、7週間で4カ所の発射のパターンは彼らがそれを克服している傾向を示す。

Googleは以前、焦ってGoogle Walletで先頭に飛び出して大失敗している。

今回は、大丈夫か?

最後に出て行って、最初に大コケすると、また信用をなくす!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。