2016年12月07日

大気汚染、過去10年で最悪。パリは19世紀から卒業すべきである。

自然

AFPは2016年12月08日に、フランスのパリ(Paris)は2016年12月07日に、冬季に発生したものとしては過去10年で最悪の大気汚染に見舞われたと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

市内では大気浄化策として、公共交通機関の運賃が無料となった他、自動車の交通量を半減させる規制が敷かれた。

パリの大気監視機関「エールパリフ(Airparif)」によると、気温の低下に加え、ほぼ無風の気候によって排ガスや薪の煙といった汚染物質が市街にとどまっていることが、汚染悪化の要因となっている。

まだ、19世紀のようにパリは薪を使っている!

大気中の粒子状物質「PM10」の濃度はパリの基準では劣悪なレベルに達しているが、中国の北京(Beijing)と比べると60%、世界の首都で最悪の大気汚染に悩まされるインド・ニューデリー(New Delhi)と比べるとごく低い水準にすぎない。

パリ市当局は2016年12月06日から、ナンバープレートの末尾の数字が奇数と偶数の車を交互に走行禁止とする交通規制を開始。規制は2016年12月08日も続き、午前5時30分から深夜0時まで偶数の車だけに走行が認められる。

通勤での車の使用自粛を促すため、市内の公共交通機関は2016年12月06日から2日間連続で無料となり、学校の児童・生徒らは屋外での運動が中止となった。

まず、パリは19世紀から卒業すべきである。

東京で薪を使った暖房は、もういないだろう。

パリには、まだエントツが一杯ある。

昔、ドラム缶で焚き火をしていて怒られた!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト