gaYa広告

2016年11月30日

猿人ルーシーは、1日の3分の1以上を樹上で過ごした!?

超過去

AFPは2016年12月02日に、現生人類の古代の祖先とされる猿人「ルーシー(Lucy)」は、木の上のすみかで1日の3分の1以上を過ごしていた可能性が高いとする最新の研究結果が2016年11月30日、発表されたと報告した。

また、「ルーシー」は、高い木から落ちて死んだ?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

米国のジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)と米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)の研究チームが米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に発表した最新の論文によると、ルーシーは陸上の移動方法に関して、現代のチンパンジーと現生人類の中間的な特徴を持っていた可能性が高いという。1974年にエチオピアで化石化した骨格の一部が発見されたルーシーは、318万年前に生息していた人類の近縁種とされる。

Limb Bone Structural Proportions and Locomotor Behavior in A.L. 288-1 ("Lucy")
Christopher B. Ruff,
M. Loring Burgess,
Richard A. Ketcham,
John Kappelman

Published: November 30, 2016

http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0166095

ヒト亜族の一種で二足歩行していたアファール猿人(学名:Australopithecus afarensis)の女性個体で、身長約100cm、体重27kgの愛すべきルーシーが、現生人類のように生涯の大半を地上で過ごしていたのか、それともチンパンジーのように木の上で生活していたのかについては論争となり、古生物学者らの頭を長年悩ませてきた。

今回の研究では、ルーシーがたくましい上腕を持っていたことが分かった。これは、木登りを常時行っていたことを示唆している。
一方で下肢は比較的弱く、木登りには使用されず、歩行の効率は低かった。

これら2つの発見から研究チームは、ルーシーが夜間に捕食動物を避けるために木の枝の間にすみかを作り、木から木へと移動するのに腕を使っていた可能性が高く、さらに樹上で食物を探していた可能性すらあるとの結論を導き出した。

研究チームは、ルーシーの骨を最新の高精度スキャン装置を用いて調査し、この結論に到達した。
化石化した骨の無機物層を透視できる強力なスキャン装置で撮影した3万5000枚に及ぶ画像を合成し、その内部構造を分析した。

両腕の上腕骨と左脚の大腿(だいたい)骨を調べた結果、ルーシーの上肢が高度に発達していたことを研究チームは発見した。
これは、樹上生活をする現代のチンパンジーに似たたくましい筋肉を上腕骨が支えていたことを示唆している。

論文の主執筆者の一人で、テキサス大学人類学のジョン・カップルマン(John Kappelman)教授は「骨格が日常生活で受ける荷重に応じて、受ける力が強いとそれに抵抗するために骨量が増え、力が弱まると骨量が減るというのは、十分に確立された事実だ」と説明した。

イギリス科学誌ネイチャー(Nature)に最近発表された別の研究では、化石化した骨にみられる骨折跡の分析により、ルーシーは非常に高い木から落ちたのが原因で死んだ可能性が高いと結論付けられている。

Perimortem fractures in Lucy suggest mortality from fall out of tall tree
John Kappelman,
Richard A. Ketcham,
Stephen Pearce,
Lawrence Todd,
Wiley Akins,
Matthew W. Colbert,
Mulugeta Feseha,
Jessica A. Maisano &
Adrienne Witzel
AffiliationsContributionsCorresponding author
Nature 537, 503–507 (22 September 2016)
doi:10.1038/nature19332
Received 21 April 2016
Accepted 25 July 2016
Published online 29 August 2016

だが、科学者らはこれまで、ルーシーが地上を離れて過ごしていた時間がどのくらいかを正確に判定できていなかった。今回の最新研究では、ルーシーの睡眠時間を1日約8時間として、生涯の少なくとも3分の1を樹上で過ごしたことが示唆されている。

2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2013-10-17---200万年前に、数人の異なる人類が地球にいたという考えは疑問視された。
2011-09-08---化石研究、ねじれた人間の起源物語。
2011-05-09---人類の起源で、大論争をテレビで放送した2人が再会した。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。