AD SPACE

2014-03-17

元アップル・マーケティングVPはスティーブ・ジョブスについて語った。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、Cult of Macからの情報として、スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)のために働くと言うことが、何だったかと考える場合、アリソン・ジョンソン(Allison Johnson)が何を言ったかビデオでチェックすべきであると言ってきた。

[AD] You can advertise on this site.

アリソン・ジョンソンは、2005年から2011年までアップルの世界マーケティングの副社長で、彼女が退社したとき、広告会社Westを見つけたと言っている。

彼女はしばしばスティーブ・ジョブスと直接仕事をした。
また、彼女は、アップルの「Mac vs. PC」と「There's an App for That,」ような販売戦略の着手を監視した。

彼女は最近、「99U conference」で、Behanceのスコット・ベルスキー(Scott Belsky)からインタビューを受けた。
また、話しのトピックはアップルとジョブズで時間を含んでいた。

面白いクォートの中で、彼女は、「彼は、私の世界のJonyの世界で費やしたのと同じ量の時間を過ごしました。 それらは、彼がたいへん好きだった会社の2つの部分でした。」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.