on-the-time.jp

2014年03月17日

元アップル・マーケティングVPはスティーブ・ジョブスについて語った。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、Cult of Macからの情報として、スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)のために働くと言うことが、何だったかと考える場合、アリソン・ジョンソン(Allison Johnson)が何を言ったかビデオでチェックすべきであると言ってきた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アリソン・ジョンソンは、2005年から2011年までアップルの世界マーケティングの副社長で、彼女が退社したとき、広告会社Westを見つけたと言っている。

彼女はしばしばスティーブ・ジョブスと直接仕事をした。
また、彼女は、アップルの「Mac vs. PC」と「There's an App for That,」ような販売戦略の着手を監視した。

彼女は最近、「99U conference」で、Behanceのスコット・ベルスキー(Scott Belsky)からインタビューを受けた。
また、話しのトピックはアップルとジョブズで時間を含んでいた。

面白いクォートの中で、彼女は、「彼は、私の世界のJonyの世界で費やしたのと同じ量の時間を過ごしました。 それらは、彼がたいへん好きだった会社の2つの部分でした。」と言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。