on-the-time.jp

2016年12月03日

パリに、「スティーブ・ジョブズ通り」ができるか?

人物観光

AFPは、米国のアップル(Apple)の共同創業者故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)はコミュニケーションのあり方とテクノロジーを一変させた。

死後5年たった今、フランスのパリ(Paris)の道路の名として、彼は別の形で記憶に残るようになるかもしれないと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

パリ南東部に位置する13区では、新興ハイテク企業振興地区につながる複数の新道路の名前について議論が交わされており、その中の一つの道の名の最終候補に「リュ・スティーブ・ジョブズ(Rue Steve Jobs/スティーブ・ジョブズ通り)」が残った。

テクノロジー界の巨人の名前を提案したのは、ジョブズを「われわれの日常を変えた」と評価する13区の社会党ジェローム・クメ(Jerome Coumet)区長。

一方共産党議員らは「(ジョブズ氏の)遺産の現実は(アップルの下請け従業員に対する)不十分な賃金と強制的な残業だ」と反発し、アップルは世界中で非合法的に納税を逃れているとも非難した。

この他、第2次世界大戦(World War II)中にナチス・ドイツ(Nazi)の暗号機エニグマ(Enigma)の暗号を解読したイギリスの天才数学者アラン・チューリング(Alan Turing)や、米国の計算機科学者で米海軍の准将にもなった世界で最初にバグを見つけたグレース・マレー・ホッパー(Grace Murray Hopper)の名前も最終候補に残っている。

ホッパーは、IBMの最初の計算機Mark Iのプロラマーで、2000年問題のコボル開発者である。

私は、個人的にホッパーおばちゃんがいい!

現在「ステーションF(Station F)」と仮称されている新興ハイテク企業振興地区は、12月にパリ市議会で名前について議論され、来年3月に運営を開始する。

「ステーションF(Station F)」の緯度、経度
48°50'5.91"N 2°22'11.00"E

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト