2016-11-29

日本の温泉は異次元のジェットコースターを作った!

観光

米国の雑誌「TIME」は2016年11月29日に、Travel+leisureで日本の都市は、世界初の鉱泉をテーマにした遊園地の計画に取り掛かっていると報告した。

それは、別府市の湯~園地計画!

日本人は、どこまでも温泉で狂うことができる!

コンセプト・ビデオで、九州の別府市は、新しい「spamusement公園。」のためのアイデアを提案した。

典型的な遊園地アトラクションであるメリーゴーラウンド、ferrisホイール、およびジェットコースター、けれども個々の乗りのための座席に温水浴槽があった。

もしすでに、あなたが、これを冗談であると思っているならば、それは真実である。

ビデオには、訪問者が、タオルだけを身に着けて、乗り込んだ。

そこにはどのような問題が考えられるか?

特別サイトへの訪問者は、一日中、雨天でもタオルだけで歩き回ると思われているか?
また水は、どのように、乗せ、電気装置から離れて滞在するか?
そして、私達はどのようにすべて、これらの乗りをクリーンにしておけるか?

多くのロジスティクスの問題があるもかかわらず、spamusement公園は現実になるかもしれない。

別府市の市長は、このビデオが、いったん100万ビュアーを達成したら、都市が湯~園地としてで働きはじめるであろうと宣言した。

仕事が始まったと、先週発表されると、それがアップロードされて以来、ビデオは200万回より多く見られた。

しかし、実際ビデオにおいて示された乗りものが完全に起こらないこともある。

「例えば、実際私達がジェットコースターの中の湯を流すことができたかどうかにかかわらず、私達がまだ安全問題を議論している。」と、別府の観光客部門のスポークスマンはジャパンタイムズ(The Japan Times)に言った。

「しかし、乗ることは何か楽しみである。」

たとえ「世界の鉱泉都市。」になるように、最近都市がイニシアチブをどのようにスタートしても、別府はすでに温泉観光目的地である。
訪問者は、選ぶべきに2,000を超える温泉がある。

昨年、別府は43万7,764人の外国の観光客を歓迎した。

プロジェクトのための完成予定日は、まだ全然発表されていなかった。

そういえば、別府には、古城先輩がいる。
卒業後の最後に、大阪の天王寺で別れる時、すれ違っても無視していたら、我慢してくれと言っていた。

昔、別府に行った時に、電話帳で古城という人に電話をしたら、怒鳴られた!!〜〜〜あれは、古城先輩が話していたお父さんかもしれない!

別府の緯度、経度
33°17'04.6"N 131°29'28.6"E
または、
33.284611, 131.491278

2016-10-20---北海道の天然温泉で入浴中の男性意識不明。脳機能障害で重体!
2016-10-15---日本の温泉は、あなたの好きな飲み物に浸る。
2016-07-22---東京に「ゴジラ銭湯」出現!
2016-06-07---酸性の熱水泉に転落し男性死亡、遺体は溶解!
2016-05-16---中国人は、地方の温泉宿を“爆"買収!