gaYa広告

2016年12月03日

WorldView-4の最初の画像は、代々木国立体育館。

人物

DigitalGlobeは2016年12月03日に、世界の外観(WorldView)シリーズの第4弾WorldView-4の最初の画像として、世界中が注目をし始し始めた2020年の東京オリンピックに関連して、1964年の東京オリンピックのメイン会場の衛星画像を公開した。

それが、2020年の東京オリンピックに戻る時、また、そこで国際的な競技が行われると紹介した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

本当に、あの東京の代々木国立体育館を使うのだろうか?

今は亡き丹下健三デザインの代々木国立体育館は、ものすごいお金を投じないと使い物にならないだろう。
釣り天井であることから、建物自体の歪みが激しく、扉がほとんど閉まらないか、開かない。

地下室には雨水が溜まっている。

外観より、痛みが激しい。

確か一時期、建築系の出版社彰国社が、調査していたはずである。

昔、勝見先生の用事で、表参道の丹下健三建築事務所にも伺ったことがある。

2005-03-22---建築家丹下健三が死去した。
1913-09-04---建築家丹下健三が生まれた。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。