11月14日

WDD(World Diabetes Day/世界糖尿病デー)

健康

もう若くないと思ったら、これは、読んでおいたほうが良いかも?

毎日新聞は2016年11月30日に、インスリンを発見したカナダのフレデリック・バンティング(Frederick Grant Banting/1891 - 1941)医師の誕生日にあたる11月14日は、IDF(International Diabetes Federation/国際糖尿病連合)やWHO(World Health Organization/世界保健機関)が1991年位制定し、国連が認定する「WDD(World Diabetes Day/世界糖尿病デー)」であった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

認定から10周年を迎える2016年は「Eyes on Diabetes(糖尿病を見る目)」をテーマに、IDFと各国の加盟団体などが、糖尿病と合併症発症の有無を調べる「スクリーニング検査」の重要性を啓発し、なかでもDR(Diabetic Retinopathy/糖尿病網膜症)の早期発見を呼びかけている。

世界における成人の糖尿病患者は4億1500万人に上り、このうち3分の1が発症するとされる糖尿病網膜症は、どのような病気で、早期発見のために大切なことは何だろうかということで、IDFなどが糖尿病患者と医療関係者を対象に行った、目の合併症に関する国際調査の日本の結果とあわせて解説した。

糖尿病網膜症は、腎症、神経障害とともに3大合併症と呼ばれる代表的な糖尿病の合併症の一つで、長期間、糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、網膜の毛細血管が傷ついたり、詰まったりして発症する。

一般的に糖尿病の発症から数年を経て網膜症を発症するといわれ、病気の初期では見え方に変化はなく、かなり進行するまで自覚症状がない場合もある。

血管が詰まると、網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなるため、新しい血管を生やして(血管新生)、酸素を補おうとする。

症状が進み、「増殖糖尿病網膜症」と呼ばれる重症の段階まで進行しても、必ずしも自覚症状はないという。

しかし、新生血管はもろいため、出血したり、網膜剥離(はくり)を起こしたりして、急激な視力低下が起こる。

網膜の中心部、黄斑(おうはん)のむくみを伴う「糖尿病黄斑症」の場合は、非増殖の網膜症の段階でも中心部が見えにくくなり、視力が低下する。

早期発見により、血糖値や血圧、脂質の管理など内科的な治療をしっかりと行うことで進行を遅らせることができる。
血糖コントロールが悪いと網膜症になりやすい。

山形大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座の川崎良准教授らが35歳以上の住民のうち糖尿病患者を対象に行った疫学調査「舟形町研究(山形県、2000〜2002年)」によると、糖尿病網膜症の有病率は23.0%で、糖尿病患者の約4人に1人は網膜症を併発していることになる。

川崎准教授によれば、血糖値の指標である「HbA1c(ヘモグロビンA1c)値」が高いと、網膜症の発症と重症化のリスクが高まるという。

特に
▽HbA1cが7.0%以上
▽糖尿病歴が5〜10年
▽血圧が高い人は、網膜症を発症しやすい。糖尿病歴が長ければ長いほどリスクは高まり、高血糖と高血圧は互いに悪影響を及ぼすとされている。

糖尿病網膜症で失明しないために、日本糖尿病学会による糖尿病診療ガイドラインでは、糖尿病患者に対し、少なくとも年1回の眼科受診を推奨している。

川崎准教授は「症状や所見がなくても、糖尿病と診断されたら速やかに眼科を受診することが大切」と訴える。

国際糖尿病デーに合わせてIDFなどが結果を報告した国際調査は、糖尿病や糖尿病網膜症を含む眼合併症の検査、適時治療に関する認識などの評価を目的に、日本を含む41カ国の4340人の患者と2329人の医療関係者を対象に行われた。

日本では患者77人、眼科医を中心とした医療関係者44人が回答。
患者に「合併症のうち最も心配なもの」を尋ねたところ、「失明・視力障害」が43.8%で最も高く、「腎疾患」16.4%、「心血管疾患・脳卒中」12.3%と続いた。

糖尿病の合併症として目の病気が認知され、懸念も大きいことがうかがえるが、糖尿病性眼疾患に関する検査を受けたことがあるかどうか尋ねると、「ある」と答えた人は58.9%で、糖尿病患者の6割にとどまった。
また、過去1年以内に眼科検診を受けた割合は全体の約2人に1人だった。

一方、眼科医に対し、糖尿病に伴う目の病気による視力喪失を防ぐ上での課題を尋ねたところ、「診断の遅れ」が68.0%、「糖尿病網膜症に関する患者への教育機会が限られている」が56.0%で高かった(複数回答)。

川崎准教授は糖尿病網膜症の早期発見のため「スクリーニング機会の拡充や患者への教育をいつ、どこで、誰が行うのかを明確化するなどの対策が必要。糖尿病患者を診る機会の多い内科と眼科の連携も重要だ」と指摘している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告