2016-11-29

2年ぶり、強毒性鳥インフル、新潟、青森で検出。

健康食品美容と医学の科学

日本経済新聞 電子版は、新潟県は2016年11月29日未明に、新潟県関川村の下沢養鶏関川農場で死んでいた鶏から、強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したと発表したと報告した。

新潟県関川村には、温泉があり、小さな集落で、天国のような土地で起こった騒動になった。

ただし、下沢養鶏関川農場はかなり隔離されている場所になっている。

この養鶏場で飼育している約31万羽の殺処分を開始し、新潟県に出動要請を受けた陸上自衛隊も従事している。
新潟県は2016年12月02日まで24時間態勢で作業に当たる。農林水産省によると、国内の家禽からのウイルス検出は、2015年01月に岡山県と佐賀県で確認されて以来と伝えている。

青森県でも2016年11月29日に、食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスを検出した青森市の家禽農場で、飼育中の約1万6500羽の殺処分を続けた。

茨城県つくば市にあるNARO(National Institute of Animal Health/農業・食品産業技術総合研究機構)の動物衛生研究部門で、インフルエンザ・ウイルスを分析する。

政府は2016年11月29日午前に、鳥インフルエンザの発生に伴い官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官は「各省庁で連携し、感染拡大防止のために緊張感をもって万全の対応をとる」と述べた。

鳥インフルエンザは、肉や鶏卵を食べた人への感染は国内で確認されていない。

新潟、青森両県は養鶏場と家禽農場からそれぞれ半径3km圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3〜10km圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

今年から、来年にかけてインフルエンザが、流行するかどうかはまだわからないが、予防接種は不可欠になった。

農研機構 動物衛生研究部門は、このようなことが起こったら、逐次最新情報を配信してほしい!

農研機構 動物衛生研究部門
〒305-0856
茨城県つくば市観音台3-1-5
Tel 029-838-7713(代表)
Fax 029-838-7880
農研機構 動物衛生研究部門は、
北海道研究拠点
九州研究拠点
海外病研究拠点がある。

新潟県関川村の下沢養鶏関川農場の緯度、経度
38° 6'39.24"N 139°33'0.27"E