2016-11-29

それでもASKA容疑者、覚醒剤で陽性反応!

人物麻薬とメディア

毎日新聞、朝日新聞デジタル、日本経済新聞 電子版は、2016年11月28日、2016年11月29日と連日「ASKA容疑者、覚醒剤の陽性反応で逮捕 執行猶予中」と報告した。

覚醒剤を使用した疑いが強まったとして警視庁組織犯罪対策5課は2016年11月28日に、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、東京都目黒区東が丘1在住の58歳の歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑で逮捕状請求し、逮捕した。尿鑑定で覚醒剤の陽性反応が出た。

ASKA容疑者は2014年に同法違反などの罪で有罪判決が確定し、執行猶予中だった。

逮捕容疑は2016年11月中旬〜2016年11月25日ごろ、東京都内やその周辺で、覚醒剤を使用したとしている。

調べに対し「私が提出した尿から覚醒剤が検出されたとのことで逮捕されましたが、事実に反します」と容疑を否認しているという。

同課は今後、自宅など関係先を家宅捜索するなどして裏付けを進めるとともに、覚醒剤の入手ルートについても調べる。

警視庁組織犯罪対策5課によると、ASKA容疑者は2016年11月25日午後7時ごろ、「盗撮されているので確認してほしい」と自ら110番した。警視庁の捜査員が自宅に駆けつけたところ、言動に不自然な点があったため、尿の任意提出を要請した。ASKA容疑者は素直に応じたという。当時は妻と2人で自宅にいた。

警視庁組織犯罪対策5課が尿を鑑定した結果、2016年11月28日になって覚醒剤の陽性反応が出たため、自宅から任意同行を求めて逮捕した。

ASKA容疑者は友人だったCHAGEさんと音楽デュオ「チャゲ&飛鳥」(後に「CHAGE and ASKA」と改名)を結成し、1979年にデビューした。テレビドラマの主題歌となった「SAY YES」(1991年)などがヒットしたが、2009年に活動を休止。その後はソロで活動していた。

2013年、「薬物使用疑惑」が週刊誌に報じられ、活動自粛を発表した。2014年05月、都内や周辺で覚醒剤や合成麻薬MDMAを使用したなどとして、覚せい剤取締法違反などの容疑で警視庁に逮捕された。「覚醒剤を暴力団組員などから入手し、使っていた。」と容疑を認め、2014年09月に東京地裁で懲役03年、執行猶予04年の有罪判決を受けたと伝えている。

覚せい剤は、性犯罪と同様に依存性が強く、検挙者のうち再犯者が占める割合も高い。過去にも手を染めたタレントや元俳優が複数回逮捕された。専門家は治療の受け皿が不足している現状を指摘しており、特に周囲から目立つ有名人にとっては一般人に比べて治療のハードルが高いと言われている。

とくに、お金を持っている麻薬経験者は、麻薬の売人にとて、美味しいお客さんに見えることだろう。

次は、清原か?

そういえば、営業マンで、麻薬をツールにしている人に出会ったことがある。

その人は渋谷でイラン人の子飼いがいて、いつでも入手出来るといっていた。
一度お金持ちに売れば、次からの営業は確実に鴨になると自慢していた。
恐ろしい世界で、彼は若手営業マンも育ている立場でもあると言っていた。

麻薬を拡張して、金を稼ぐ、恐ろしいビジネス社会である。

2016年の警察白書によると、薬物関連の検挙者のうち覚醒剤は8割超を占め、年間1万人を超えている。
再犯者率は他の薬物に比べて高く9年連続で増加しており、2015年は前年比0.3ポイント増の64.8%に上った。

薬物事件に詳しい小森栄弁護士は、覚醒剤について「副作用による幻聴や幻覚で盗聴、盗撮されていると訴えるケースは多い。他の薬物と比べても依存性の高さが指摘され、断てるか否かは、本人の意志に加え、第三者の監督やリハビリの環境を整えられるかなどの要素が大きい。」と指摘している。

NHKの報道で、もしASKA容疑者が無罪なら、紅白歌合戦に招待と書いてきたが、それも無駄のようだった。

ここまでくると、尿検査だけではなく、他にも証拠や証言があるのかもしれない。

ASKA容疑者は、マスコミに袋叩きになっている。
中には、売名ジャーナリストもいることだろう。

以前、代々木警察の生活安全課に、用事があって訪ねたら、生活安全課は麻薬も扱っている言われ、あなたの住所の近くは麻薬関係者が多いと話された。ここに60年以上住んでいるが、まったく知らなかったので驚いたことがある。

その後、気にするようにしていたが、
そういえば、以前から目が飛んで、焦点が合わず、路上でノートパソコンを広げ、何か操作して、なんとなく行動が不自然な男性も住んでいたが、最近全く見なくなっている。

さらに、敗れたジーンズで髪の毛がボブ・マレイのようなボサボサの男性も見かけたが、最近は見ていない。

2016-11-28---ASKA容疑者、ブログで「陽性は100%ない」と反論。
2016-11-26---厚労省、町おこしで大麻栽培許可の事故多発で警告!
2016-11-25---大麻取締法違反により、過疎地の大麻コミューンで22人逮捕!
2016-11-16---さすが指定暴力団!大麻草1万本超を栽培。
2016-10-17---町おこしの大麻栽培会社代表ら、大麻所持容疑で逮捕。