2016-11-25

SafaricomのCTOは、IoTとm-支払いを結合するパワーを押す。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、IoT(Internet of Things/物インターネット)とモバイル支払いの組み合わせは、効率を高めて、ケニアの人々の生活を変換できる新しいサービスの展開を促進していると報告した。

SafaricomCTOティボー・レロ−レ(Safaricom CTO Thibaud Rerolle)は、「あなたがこれらの2を効果的に結合できる時には、あなたは発展市場についての才能の世界のロックをはずすことができる」
「IoTは、アフリカで、特にケニアでの私達がてこ入れできる機会のすばらしい新しい世界を表している。」と、言った。

彼は、2年前4Gをスタートした会社は、モバイル・サービスのパワーによってケニア人のライフを変更することになっていて、何人ものが人々接続するだけではなく、国の金融の含有を拡張するもを追いやると言った。

たいてい、先払いされたユーティリティの市場であるケニアの消費者は、それらの電話でm-Pesaを使って、先払いされた電気製品を買い、長い列を避けることができる。

しかし、ループは完全に接続されるわけではない。消費者はm-Pesaを経た保証人を受け入れて、それをスマートなメーターに入れる必要があると、彼は言った。

それは、統合するケニアのパワーによって作動することをめざし、ループを閉じる。

ティボー・レロ−レは現在の提供をIoT1.0またはM2Mサービスと称した。

彼は、避難民が、モバイル財布に入れられた電子資金を経た食物定量を受け取ることを可能にするサービスの例も与えた。

世界食物プログラム(World Food Programme)を持つ共同事業は、長い列に立って待っている必要を取り除き、人々がそれらの選択のアウトレットで買い物することを可能にする。

9年前に、ケニアでm-Pesaがスタートされ、その進歩においてアップデートを与えることによって、彼は、サービスが全国のいたるところで292,000人の商人と130,000人のエージェント、2400万人の顧客を持っていると言った。。

m-Pesaプラットフォームは昨年以来ケニアで主催されている。

その移住プロジェクトを導いたティボー・レロ−レは、動きが、ネットワーク入手可能性の改良によって、サービスを、より安定させたと言った。

「m-Pesaは証明する人々がエンパワーメントされて、彼ら自身のために革新するようにそれらがデジタルのテクを用いる。」

「ケニアは、m-Pesaで、1秒あたり450回のトランザクションによって、1分あたり2つの貸付金とトランザクション価値は月あたりGDPの38%を占めて、本当に動かす。」と、彼は言った。

ケニアには、現金でされた金融のトランザクションの90%によってクレジットカードより、モバイル・マネー財布があると、彼は言った。