2016-11-26

イスラエルの山火事、国外から多くの支援。

自然

AFPは、イスラエル北部ハイファ(Haifa/חֵיפָה/حيفا‎)で発生し大規模な山火事で2016年11月25日に、海外の消防飛行機が消火活動を支援した。また警察当局は、この山火事に関連して12人を拘束したと発表したと報告した。

i24newsは、ハイファで噴き出る火災を「'apocalyptic scenes(黙示録の場面)' as fires erupt in Haifa」と言っている。

住宅地野すぐそばまで火災が広がっている。
イスラエルは、もともと乾燥地帯であり、日がつくと始末が悪い。
今後、これをテロリストが武器に利用すると、さらに問題である。

乾燥と強風にあおられた山火事はイスラエルの広範囲で4日間にわたって続いており、イスラエルはロシア、トルコ、ギリシャ、クロアチアから航空機による消火活動の支援を受け入れた。

またフランスやスペインからも支援が送られる予定で、米国からは、世界最大の消防飛行機とされるスーパータンカー(Supertanker)が2016年11月25日夜に到着する見込みとなっていた。

風は続いているものの、多くの場所で火の勢いはいくらか弱まっている。だが、エルサレム(Jerusalem)近郊では2016年11月25日午後、新たな火災が発生した。
イスラエルの救急隊によると、この新たな火災は放火によるものとみられる。

また、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)との境界に近いナタフ(Nataf)でも2016年11月25日夜に、新たな火災が発生し、消防飛行機20機とパレスチナ人消防隊員4人を含む消防隊が消火活動にあたった。

消防局の報道官によると、火災の原因は近隣のパレスチナ自治区の町から投げ込まれた火炎瓶だという。

一方で、地上では2016年11月24日夜にも、パレスチナ人の消防隊員がイスラエルの消防隊に加勢した。パレスチナ自治区からは消防車4台がハイファ(Haifa)に、別の4台がエルサレム(Jerusalem)近郊のベイト・メイア(Beit Meir)の村に派遣された。

警察当局の報道官は、この24時間に山火事に関連して12人を拘束したと述べたが、身元などの詳細については明らかにしていない。

一連の火災については、燃えやすく乾いた森林地帯で失火につながる過失が疑われるものもあれば、故意の放火でイスラエルとパレスチナの紛争に関連するのではないかとの疑いもある。

この火災で、数万人が避難を余儀なくされていると伝えている。

イスラエル北部ハイファ(Haifa/חֵיפָה/حيفا‎)の緯度、経度
32°47'38.57"N 34°59'22.46"E