2016-11-25

フランス最大級のクリスマスマーケット開幕

宗教

AFPは2016年11月26日に、フランス東部ストラスブール(Strasbourg)で2016年11月25日に、厳戒態勢の下で、ヨーロッパ最大級として知られるクリスマスマーケットが開幕したと報告した。

この先の4週間で200万人の見物客が見込まれている。

ストラスブールのクリスマスは、アルザスのクリスマス(Noël en Alsace)である。

フランスで最古のクリスマス・マーケット(Strasbourg : the oldest Christmas market in France)と言っている。

実は、ドイツのマインツから難民になったヨハネス・グーテンベルグは、ストラスブールに逃げた。
そこで多くの若者に印刷技術を教えたと言われている。

また、ドイツでもっとも大きなクリスマスマーケットは、ニュールンベルグ(Nürnberg)になる。

こちらは、世界で一番美しいクリスマスマーケット(Wheinacht Markt)と言っている。
私は、、ニュールンベルグのクリスマスマーケットには、何度も行っている。
ここでは、ぜひ、小ぶりの焼いたニュールンベルグ・ソーセージ(Nürnberg Wurst)、マーケット広場にある古本屋、デュラーの学校後、人形博物館、もちろんお城!若者なら城はYouth Hostelになっているので、冬は凍るように寒いが泊まることができる。まさに中世の都である。

なんで古本屋と思う方は、親父にデュラーの銅版原版を見せてもらうといい!
親父が嫌だと言ったら、日本人のMasayuki Itoの友人だというと、見せてくれるかもしれない。
15世紀のデュラーの銅版原版を手で触れるよ!

両都市とも、ワインがうまい!ストラスブールはアルザスワイン、ニュールンベルグはフランケンワイン!