2016年11月15日

デ・クーニングの作品、72億円で落札。

アート人物

AFPは2016年11月16日に、米国のニューヨーク(New York)で、オランダ出身の芸術家ウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning/1904 - 1997)の作品「無題25(Untitled XXV)」が競売にかけられ、US$6630万(約72億5000万円)で落札された。抽象画家の作品として、また戦後の現代芸術の中でも最も高い落札額となった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

「無題25」は米国で活動したデ・クーニングによる1977年の作品で、大きさは縦2m、横2.2m。

競売大手クリスティーズ(Christie's)は当初、「無題25」の価値をUS$4000万(約43億8000万円)と予想していた。この作品は10年前にも競売にかけられたが、その時の落札額はUS$2710万(約29億6000万円)で、当時の最高記録だった。

落札者は電話で競売に参加していたが、身元は明らかになっていない。

しかし、以前にも競売に掛けられたということから、アートが好きというより投資だろう。

結局は、金持ちのおもちゃである。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告