2016-11-09

中国企業の社名が「トランプ大勝利」で、株価高騰!

経済

AFPは2016年11月10日に、中国の株式市場で2016年11月09日に、社名の発音が「トランプ大勝利」という中国語の文章とそっくりな中国企業の株価が高騰したと報告した。

中国の証券取引所は2016年11月09日に、米国大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)の優勢が伝えられる中、全面安の展開となった。しかし、深セン証券取引所(Shenzhen Stock Exchange)に上場している中国のソフトウェア企業「ワイズソフト(Wisesoft)」は、中国語の社名「川大智勝(四川川大智胜软件股份有限公司)」の発音が「トランプが大勝利」という中国語の文章とほぼ同音だったことから、株価が急騰。終値は6.35%高を記録した。

一方、破れた民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の名前「ヒラリー」と同音の中国語が社名に入った「雲南西儀工業(Yunnan Xiyi Industrial/云南西仪工业股份有限公司)」の株価は、一時10%も急落した。

今回の米国大統領選は中国でも高い関心を集めており、メッセージアプリ「微信(ウェイシン/WeChat)」では多くのユーザーが選挙結果の話題で盛り上がっていたと報告している。

中国は、不思議な国だ!
業績に、まったく無関係で株価が上下する。

これだと、株価操作も可能になる。

2016-11-09---大手新聞各紙、現時点でトランプ優勢と報告!
2016-11-09---AP通信、トランプが当選確実を速報!

Related Dates