on-the-time.jp

2016年09月14日

「人を殺す」心理学。

戦争と平和

朝日新聞デジタルは2016年09月14日、萩一晶による「戦場で心はどうなるか 元米軍教授の「人を殺す」心理学」を公開した。

私は以前から、戦場での異常について、いろいろ聞いてきたが、その究極として、人が人を国家命令で殺すときの現場の心理として、注目した。

戦場に立たされたとき、人の心はどうなってしまうのか。国家の命令とはいえ、人を殺すことに人は耐えられるものか。軍事心理学の専門家で、長く人間の攻撃心について研究してきた元米陸軍士官学校心理学教授デーブ・グロスマン(Dave Grossman)に聞いた。
戦争という圧倒的な暴力が、心理的に人間にもたらすものとは何か?

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2004/5
デーヴ グロスマン (著), Dave Grossman (原著), 安原 和見 (翻訳)

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

――戦場で戦うとき、人はどんな感覚に陥るものですか。

「自分はどこかおかしくなったのか、と思うようなことが起きるのが戦場です。生きるか死ぬかの局面では、異常なまでのストレスから知覚がゆがむことすらある。耳元の大きな銃撃音が聞こえなくなり、動きがスローモーションに見え、視野がトンネルのように狭まる。記憶がすっぽり抜け落ちる人もいます。実戦の経験がないと、わからないでしょうが」

――殺される恐怖が、激しいストレスになるのですね。

「殺される恐怖より、むしろ殺すことへの抵抗感です。殺せば、その重い体験を引きずって生きていかねばならない。でも殺さなければ、そいつが戦友を殺し、部隊を滅ぼすかもしれない。殺しても殺さなくても大変なことになる。これを私は『兵士のジレンマ』と呼んでいます」

「この抵抗感をデータで裏付けたのが米陸軍のマーシャル准将でした。第2次大戦中、日本やドイツで接近戦を体験した米兵に『いつ』『何を』撃ったのかと聞いて回った。驚いたことに、わざと当て損なったり、敵のいない方角に撃ったりした兵士が大勢いて、姿の見える敵に発砲していた小銃手は、わずか15〜20%でした。いざという瞬間、事実上の良心的兵役拒否者が続出していたのです」

――なぜでしょう。

「同種殺しへの抵抗感からです。それが人間の本能なのです。多くは至近距離で人を殺せるようには生まれついていない。それに文明社会では幼いころから、命を奪うことは恐ろしいことだと教わって育ちますから」

「発砲率の低さは軍にとって衝撃的で、訓練を見直す転機となりました。まず射撃で狙う標的を、従来の丸型から人型のリアルなものに換えた。それが目の前に飛び出し、弾が当たれば倒れる。成績がいいと休暇が3日もらえたりする。条件付けです。刺激―反応、刺激―反応と何百回も射撃を繰り返すうちに、意識的な思考を伴わずに撃てるようになる。発砲率は朝鮮戦争で50〜55%、ベトナム戦争で95%前後に上がりました。」と言っている。

戦場に行けば、何らかのPTSDに犯される。

2016-02-20---それは、合法かもしれないが、まさに『不快』である。
2016-02-16---トルコ、ISとの地上戦で、米国に参加を要求!
2016-01-06---脳訓練Appベンダは、詐欺の主張で罰金を科された。
2015-12-08---エクスタシーは本当に危険か?すべての質問に答えた。
2015-08-17---暴力的なテレビゲームが、攻撃的な行動と結び付けられうる。
2015-07-26---Walmartのおもちゃを買いに行った子供が性的攻撃された!?
2015-06-02---朝一番で、コーヒーを飲むことが良くない理由。
2015-05-19---アフガン女性リンチ殺人事件で、警官11人に懲役1年。
2015-05-02---その時、エベレストのベースキャンプは、1分の恐怖と、数時間のパニックになった!
2015-03-20---東京で起こった地下鉄サリン事件から20年。
2014-05-11---脳への電気刺激で明晰夢に誘導する実験に成功。
2014-01-01---レクリエーション・マリファナ販売1日目、知っておくべき10のこと。
2013-12-01---雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズムを発見。
2013-10-20---ジョン・F.ケネディ大統領が署名した最後の立法「地域精神衛生法」
2013-10-02---ニューヨークで、トイレが爆発し、男性が顔面などに大けが。
2013-08-28---US$100万のデート詐欺で、母親と娘が投獄された。
2013-01-15---ウォルマートは、100,000人以上の退役軍人を雇うことを誓約。
2012-10-10---世界規模でメンタル・ヘルスが求められている。
2012-09-18---アフガニスタンでの米国人戦死者1,988人。
2012-07-19---オバマ政権の麻薬取締の最高責任者は、医療マリファナに「興味を持っている。」
2012-06-14---シリアのホムスから帰った外科医が報告!
2012-02-12---戦争時の芸能人と、その心理。
2012-01-30---暴力はPTSDの薬です。
2012-01-28---戦争か?ゲームか?
2012-01-22---犬の攻撃で少女が大怪我をし、犬の飼い主が逮捕された!
2012-01-06---女性カナダ騎馬警官隊員がセクシュアル・ハラスメントで訴えた!
2012-01-02---射殺された米国の放浪者で、イラクの在郷軍人を捜査!
2011-09-22---麻薬取締局が、マリファナ研究を阻むため裁判所へ起訴!?
2011-08-23---島田紳助、芸能界引退!
2011-05-04---サラ・ショードはイランのスパイ裁判で戻るのを拒否!
2010-08-06---科学者は、PTSD治療のため、「恐怖ドラッグ」を調査。
2010-07-31---オーストラリアで2009年に起こったビクトリア森林火災議決報告書を公開。
2010-06-11---イギリス女王誕生日名誉賞で、ゼタ・ジョーンズがCBE!
2010-01-26---今の米国の軍隊は、不景気対策と軍事学者を増やす手段!?
2009-11-25---ブレア元首相は、イラク開戦前に大量破壊兵器が無いことを知っていた。
2009-11-09---米国陸軍乱射兵士と、アルカイダが接触していた。
2009-09-17---自由の国アメリカで、800万人以上が自殺を考えていた。
2009-08-07---女優で歌手の酒井法子に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出た。
2008-10-07---オランダのニュースサイトは、右翼過ぎると非難!
2008-09-23---フィンランドの銃乱射でオンライン・ビデオ社会問題化。
2008-06-25---ヤングアダルトで起こっている重大な精神障害への対応!
2008-06-13---米国の国防総省テロ対策予算2001年〜2008年の推移
2008-06-12---イラクの12%、アフガニスタンの17%の戦闘部隊、薬漬け!
2008-06-09---麻薬団の警告は、生首!
2008-05-19---PTSDは、名誉の負傷か?不名誉の負傷か?
2008-05-18---メキシコの麻薬カルテル、過激すぎるメッセージ
2008-05-07---リーファーと狂気
2008-04-20---ブッシュ政権の、操りテレビ軍事アナリストの実態を暴露した!
2008-04-01---81%の13-17歳は少なくともいくらか幸福で、3分の1は非常に幸せ。
2008-03-19---イラクの戦争5周年と米国のテレビ報道。
2008-03-09---イラクとアフガンで、6万人以上がPTSD。
2008-02-18---オランダのニュースサイトは、右翼過ぎると非難!
2008-01-31---1980年から米兵の自殺の記録が急増した。
2007-12-28---破損した脳をジャンプ・スタート。
2007-09-26---米国陸軍は心の傷害で、大きな壁にぶつかっている!
2007-07-31---米国が供給したイラク保安部隊武器管理はデタメ!
2007-06-15---戦争から帰還した人は、精神的傷害が圧倒的に多い!
2007-04-22---バージニア工科大学事件とニュースへの影響
2005-07-07---米国で合成麻薬の乱用者1500万人
2005-04-26---イタリア人ジャーナリスト攻撃米兵釈放。
2005-04-14---さようならサムおじさん!もう結構!
1953-02-23---第二次世界大戦の脱走兵に、恩赦が与えられた。
0000-10-10---世界メンタル・ヘルスの日

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。