gaYa広告

2016年10月30日

ゴッホの「アルルの寝室」のベッドは、オランダの民家に現存?

アート人物

AFPは2016年10月31日に、画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の作品「アルルの寝室(La Chambre à Arles/Slaapkamer te Arles)」に描かれたベッドが、オランダの小さな町の民家にひっそりと残っているかもしれないと報告した。

「アルルの寝室」は、アルル(Arles)でゴッホが暮らした家の2階の部屋を描いたもので、家は現存しないが、ゴッホの作品に「黄色い家(La Maison et son entourage, La Rue/Het gele huis)」として残されている。 絵の左側の扉はゴーギャンの部屋につながっていたとされる。

美術史家が2016年10月30日に、現存の可能性について語った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

イギリスの美術史家で、ゴッホに詳しいマーティン・ベイリー(Martin Bailey)がオランダ公共放送NOSの取材に語ったところによると、南フランスのアルル滞在時に使われたこのベッドは、第2次世界大戦(World War II)後、オランダ・ボクスメール(Boxmeer)の住民の手に渡った可能性があるという。

マーティン・ベイリーの主張の根拠となっているのは、ゴッホのおいのビンセント・ウィレム(Vincent Willem Van Gogh)が1937年に書いた手紙である。マーティン・ベイリーが発見したこの手紙には、1890年に自殺したとされる伯父のベッドをまだ所有していると記されていた。そこで、ビンセント・ウィレムの息子である94歳のヨハン・ファン・ゴッホ(Johan van Gogh)に連絡を取ったところ、彼がこのベッドを覚えていることが判明した。

ヨハン・ファン・ゴッホによると、ベッドは1945年まで、オランダ・ラーレン(Laren)の父親の家にあったが、その後に戦時中に財産を失った人への支援物資として南方約120kmのボクスメールに送られたのだという。

マーティン・ベイリーは、その後、ベッドをラーレンからボクスメールまで運んだとされるトラックの写真も入手した。

マーティン・ベイリーは「もちろん、気になるのは『今どこにあるのか?』ということだ」と述べる。そして、すでに捨てられてしまった可能性もあることを指摘した。

ゴッホの「アルルの寝室」は、同じタイトルの作品が3点ある。

1888年の作品は、アムステルダム(Amsterdam)にある「ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)」に、1889年に描かれた他の2作品は、米国の「シカゴ美術館(Art Institute of Chicago)」とフランスパリ(Paris)の「オルセー美術館(Musee d'Orsay)」にそれぞれ収蔵されている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告