gaYa広告

2016年10月30日

イタリア中部でまた、M6.6の強い地震が発生した。

自然

AFPは、イタリア中部で30日朝、 マグニチュード(M)6.6の強い地震が発生したと、USGS(US Geological Survey/米国地質調査部)が明らかにした。
今のところ死傷者などの情報は入っていない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

6.6
6km N of Norcia, Italy
2016-10-30 06:40:19 UTC
10.0 km
M6.6 - 6km N of Norcia, Italy
2016-10-30 06:40:19 UTC 42.855°N 13.088°E 10.0 km depth

6.1
3km W of Visso, Italy
2016-10-26 19:18:08 UTC
10.0 km

5.5
8km ESE of Sellano, Italy
2016-10-26 17:10:37 UTC
10.0 km

地震が発生したのはグリニッジ標準時(GMT)午前6時40分(日本時間同日午後3時40分)ごろで、震源はウンブリア(Umbria)州ペルージャ(Perugia)県ノルチャ(Norcia)の北6km。地震の揺れはローマ(Rome)やベニス(Venice)でも感じられた。

イタリア中部では、2016年08月24日に大きな地震があり、約300人が死亡した。
また2016年10月26日にもM5.5とM6.1の地震が相次いで発生した。

市民保護局は、「今朝の地震の影響を受けたすべての町村で、人や建物への被害がないか現在確認を行っている」と述べた。

イタリアのスカイニュース24(Sky News 24)は、不安そうな住民らが見守る中、屋外にある聖ベネディクト(St Benedict)の像の前で膝をついて祈りを捧げる修道士の姿を報じた。
また聖ベネディクト教会自体は、今回の地震で倒壊したと報じられている。

震源地の緯度、経度
42.855°N 13.088°E

聖ベネディクト教会(St Benedict basilica)の緯度、経度
42°47'32.3"N 13°05'36.2"E
または、
42.7923, 13.0934

2016-08-24---イタリアの山岳部の古都を地震が襲った!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告