on-the-time.jp

2016年10月30日

「キリストの墓」が、2世紀ぶりに修復作業のため、開けられる。

宗教

AFP、ArtDailyは、エルサレム(Jerusalem)旧市街の聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)にある「キリストの墓」が、修復作業の専門家によって少なくとも2世紀ぶりに開かれたと報告した。

AFPのカメラマン、ガリ・ティボン(Gali Tibbon)は修復作業の一部に立ち合い、紀元後33年頃にキリストの遺体が安置されたとされる岩窟の上に建てられたこの教会で撮影を行った。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

現場の専門家らがAFPに語ったところによると、修復作業と考古学調査の一環で、キリスト教の聖地であるこの場所の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した状態にした。

教会関係者によると、厚板を動かしたのは、火災を受けて以前に行われた前回、1810年の修復作業以来という。

キリストは岩窟に葬られた後に復活したとされる。この岩窟の上には19世紀に聖堂が建てられ、毎日大勢の観光客や巡礼者が訪れている。

修復プロジェクトは来年3月の復活祭頃に完了する予定で、見学や礼拝は可能だが、装飾が施された聖堂の周囲には足場が組まれていると報告している。

ただし、復活したので何も残っていない。

聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)の緯度、経度
31°46'42.4"N 35°13'47.1"E
または、
31.778444, 35.22975

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告