1976-08-18

北朝鮮と韓国の非武装地帯板門店で、ポプラ事件が発生。

戦争と平和

北朝鮮と韓国の非武装地帯板門店(판문점)で、非武装地帯内の共同警備区域内に植えられていたポプラ並木の一本を剪定しようとした韓国軍兵士とアメリカ陸軍工兵隊に対して、朝鮮人民軍将兵が攻撃を行い、2名のアメリカ陸軍士官を殺害し、数名の韓国軍兵士が負傷した。

この事件発端になったポプラの並木は、北朝鮮側によって共同警備区域内の「帰らざる橋」の近くに30mにわたって植えられていたもので、事件当時は共同警備区域に置かれた監視所、そして北朝鮮軍の監視所に囲まれた国連軍の監視所の視界を遮るほどに成長していた。

この為、国連軍は北朝鮮軍に対してポプラの木の剪定を行うことを通告していたが、北朝鮮軍は自らがポプラ並木を植えたことを根拠に、国連軍による剪定を認めなかった。

非武装地帯内の共同警備区域内に植えられていたポプラ並木の一本を剪定するために、1976年8月18日に、韓国陸軍将校1名と国連軍のアメリカ陸軍将校2名、韓国人の作業員と彼らを護衛する韓国軍とアメリカ軍を中心とした国連軍の8名の兵士が、ポプラの剪定を行うため共同警備区域内のポプラ並木の元へ送られた。

彼らの行動は北朝鮮軍によって監視されていた。

共同警備区域に関する取り決めのため両軍とも武装していなかったが、米韓軍は剪定用にのこぎりとつるはし、斧を持ち込んでいた。

剪定が始まると15名の北朝鮮軍将兵が来て、指揮官が韓国軍および国連軍の指揮官に対して剪定作業の中止を求めたが、国連軍工兵部隊指揮官でアメリカ陸軍のアーサー・ボニファス(Arthur Bonifas)大尉は剪定作業の継続を部下に命じた。

北朝鮮軍側はしばらく静観していたが、その後増援の北朝鮮軍兵士約20名が合流し、再度の作業中止勧告が聞き容れられないと見るや、突然韓国軍と国連軍の将兵に対して攻撃を始めた。発砲はなかったが、奪い取られた斧によってボニファス大尉とマーク・バレット(Mark Barrett)中尉が殺害された。

韓国軍兵士はトラックで北朝鮮軍の兵士に体当たりし、ボニファス大尉の体をトラックで守ったが、大尉は治療を受ける前に死亡した。彼らが殺害される様子は映画用カメラによって記録された。

つまり、どちらがポプラ並木の剪定をするかで起こったため「ポプラ事件(판문점 도끼 살인사건)」と呼ぶが、韓国では「8.18斧蛮行事件」または「斧蛮行事件(판문점 도끼살인사건/板門店도끼殺人事件/도끼蠻行事件」とも呼ばれ、北朝鮮側では板門店事件とも呼んでいる。

事件現場の緯度、経度
37°57'21.6"N 126°40'21.3"E
または、
37.955997, 126.672592