on-the-time.jp

2016年10月17日

ケニアで観光客がゾウに踏まれ死亡。1か月で2件目!

自然

AFPは2016年10月20日に、ケニアのマサイマラ(Maasai Mara)国立保護区で2016年10月17日に、ベルギー人観光客がゾウに踏まれて死亡する事故があったと、警察当局が2016年10月19日に述べたと報告した。

ケニアでは1か月前にも同様の事故が起きたばかりだった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

匿名を条件に取材に応じた地元の警察官は「彼(被害者)は、暴れたゾウに襲われて重傷を負い、けがによりタレク医療センター(Talek Health Centre)で死亡した。」と述べた。男性が死亡した詳しい状況については分かっていない。

ケニアでは1か月前、南東部にあるトサボ国立公園(Tsavo National Park)でイタリア人男性が写真を撮影しようとしてゾウに踏まれて死亡する事故があった。

また、ケニア日刊紙スタンダード(Standard)によると、2016年10月18日にも、ケニアの中等学校の生徒が通学中にゾウによって殺される事故があった。

KWS(Kenya Wildlife Serviceケニア野生生物公社)は2016年10月19日に、声明で、ケニアを襲った深刻な干ばつにより、食べ物や水を求めて野生生物が従来の生息地から離れており、人間と接触する可能性が高まっていると警告を発し、今後もそうした接触が増える恐れがあるとして、リスクが高い地域では注意するよう呼びかけた。

相手は、家庭の犬や猫ではない!野生の動物は危険なのが当然!

それが嫌なら、行かないことです。

確実に、人間より多くのゾウが、殺されている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。