gaYa広告

2016年10月17日

ドイツ化学工場で爆発、8人死傷 2人不明!

自然

AFPは2016年10月18日に、ドイツ西部ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)にある世界大手の化学メーカーBASF本社の工場で2016年10月17日に、爆発があり、2人が死亡、6人が重傷を負った他、2人が依然行方不明になっているとBASFがツイッター(Twitter)で発表したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

爆発が起きたのは同日午前11時半(日本時間午後6時半)ごろ、工場は稼働中で、原料を輸送するパイプラインでは大規模な火災も発生したと伝えている。

AFP記者によると、爆発から数時間経過後も、消防隊員らは工場敷地に隣接するライン(Rhine)川に消防艇を出し、引き続き消火作業に当たっている。

ルートウィヒスハーフェンと隣接するマンハイム(Mannheim)の住民らに対しては、鎮火するまで屋内にとどまり、扉や窓を閉めておくようにとの勧告が出された。

その後、同社幹部は記者会見で、「市民への危険性は確認されていない。」と述べた。

同社は、爆発のはっきりした原因については引き続き調査中だとしていると報告している。

ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)のBASF化学工場の緯度、経度
49°29'33.95"N 8°26'14.49"E

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。