2016-10-17

ドイツ化学工場で爆発、8人死傷 2人不明!

自然

AFPは2016年10月18日に、ドイツ西部ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)にある世界大手の化学メーカーBASF本社の工場で2016年10月17日に、爆発があり、2人が死亡、6人が重傷を負った他、2人が依然行方不明になっているとBASFがツイッター(Twitter)で発表したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

爆発が起きたのは同日午前11時半(日本時間午後6時半)ごろ、工場は稼働中で、原料を輸送するパイプラインでは大規模な火災も発生したと伝えている。

AFP記者によると、爆発から数時間経過後も、消防隊員らは工場敷地に隣接するライン(Rhine)川に消防艇を出し、引き続き消火作業に当たっている。

ルートウィヒスハーフェンと隣接するマンハイム(Mannheim)の住民らに対しては、鎮火するまで屋内にとどまり、扉や窓を閉めておくようにとの勧告が出された。

その後、同社幹部は記者会見で、「市民への危険性は確認されていない。」と述べた。

同社は、爆発のはっきりした原因については引き続き調査中だとしていると報告している。

ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)のBASF化学工場の緯度、経度
49°29'33.95"N 8°26'14.49"E

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.