2016年10月17日

クフ王ピラミッドの空間発見は、「ミュー粒子」を利用。

超過去

これまで、エジプトの調査で、早稲田大学の吉村作治教授のチームが知られていたが、今回のクフ王ピラミッドの空間発見は、名古屋大学のの素粒子物理学研究者らのほか、エジプトやフランスの専門家が参加していた。

また、その技術は、ピラミッドを破壊せずに内部の様子を探る試みで、宇宙線から生じ、厚さ数キロの岩盤を突き抜けるほど、物を通り抜けやすい性質を持つ「ミュー粒子」を利用した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

毎日新聞は2016年10月17日に、エジプトで日本の最新デジタル技術を活用しピラミッドの内部構造を調べている研究チームは2016年10月15日に、首都カイロ近郊ギザにあるクフ王のピラミッドに、隠れた空間が存在することを確認したと発表した。未解明な部分の多いピラミッドの構造解明に向け期待が高まっていると報告している。

名古屋大学の研究者らのチームは、粒子が飛んできた方向や数を測定し、密度などを調査。
空間がない場合よりも多くの「ミュー粒子」を観測したことから、チームは空間の存在と結論づけた。

同一方向により多くの粒子を確認しており「少なくとも一つの通路が中心に向かって作られている可能性がある。」としている。

用途などはまだ不明で、名古屋大学の素粒子物理学で、原子核乾板による宇宙線ラジオグラフィを研究している森島邦博(Kunihiro Morishima)特任助教は「今後の調査では、観測点を増やすとともに解析方法も改良を重ね、幅や大きさ、形まで明らかにしたい。」と抱負を語った。

「ミュー粒子」を利用して内部構造を調べる技術は、東京電力福島第1原発事故で溶けた核燃料を調べる際にも使われた。

考古学の研究が、大きく変化した。

2016-10-15---調査チーム、ギザの大ピラミッドで新たに2つの「空洞」発見。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告