2016年10月17日

イオンが全国8000店で、年明けにもスマホ決済開始。

モバイル・マネー銀行

日本経済新聞 電子版は、イオン(AEON)は2017年01月にもスマートフォンで買い物の代金を支払えるサービスを始めると報告した。

イオン(AEON)は2016年になって、苦しんでいた。
日本経済新聞 電子版2016年01月08日に、イオンが2016年01月08日に発表した2015年3〜11月期の連結決算は、最終損益が174億円の赤字(前年同期は293億円の黒字)だったと報告していた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

スマートフォンにクレジットカードと連動したAppを導入し、レジでかざすだけで決済する仕組み。

グループ内の全国8000店で利用できる。

アップルの「Appl Pay」などIT(情報技術)企業が先行する形でスマホ決済市場は広がってきたが、小売り大手の参入で普及に弾みがつきそうだと伝えている。

傘下のイオンクレジットサービスが開発したアプリ「AEON Wallet」を使う。

まずクレジットカードの請求額やイオン銀行の口座の残高確認し、店舗で使えるクーポンの配信に対応させる。年明けにスマートフォン決済を利用できるようにする。

Appにクレジットカードの番号や利用期限、暗証番号を登録すると、スマートフォンをクレジットカード代わりに利用できるようになる。非接触型IC「フェリカ」を使い、利用客はレジでスマートフォンをかざせば決済できる。
当初はGoogleのスマートフォン基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」に対応し、将来的にアップルの携帯端末「iPhone」でも使えるようにする方針だといっている。

ただし、日本では「iPhone」の普及率が高い。

利用可能な店舗はイオンやミニストップなどグループ企業の約8000店。NTTドコモの電子マネー「iD(アイディ)」の読み取り端末があれば、系列外のスーパーなどでも利用できる。

イオンは自前のスマホ決済サービスを活用し、顧客の購買データを集めて、効率的な販促につなげる狙いがある。

顧客がよく利用する時間帯や頻繁に買う商品を分析し、効果的にクーポンやキャンペーン情報を配信することも検討している。

しかし、個人情報の管理は大丈夫なのだろうか?

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告