gaYa広告

2016年10月12日

恐竜時代の鳥の発声器官、最古の化石発見。

音楽自然超過去

AFPは2016年10月13日に、鳴き声を発する鳥が、恐竜時代に生息していたことを示す驚くべき化石を発見したとする研究論文が、イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)や他の恐竜たちも、われわれ人間と同様に鳥の鳴き声で目覚めていたのかもしれないが、それは美しいさえずりというよりは、「クラクション」といった音に近かったようであると報告している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

論文によると、知られている中で最古の鳥類の発声器官「鳴管(めいかん)」の化石は南極で見つかった。

化石は、恐竜時代の最終章に当たる約6800万年前の後期白亜紀の大空を、鳥たちが縦横に飛行していたことを示している伝えている。

すぐに腐敗・分解する軟骨でできている鳴管のこれまで最古とされていた化石標本は、わずか250万年前の時代のものだった。

イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文の主執筆者で、米国テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)(古生物学)のジュリア・クラーク(Julia Clarke)准教授は、発見された鳴管の化石が「ベガビス・イアアイ(Vegavis iaai)」として知られる鳥類種に属するもので、「現存するカモ類にみられる非対称形を示している」と指摘した。鳴管の構造が「警笛や笛の音に似た鳴き声を上げる能力があることを示唆している。」とAFPの取材で語っている。

Fossil evidence of the avian vocal organ from the Mesozoic

Julia A. Clarke,
Sankar Chatterjee,
Zhiheng Li, Tobias Riede,
Federico Agnolin,
Franz Goller, Marcelo P. Isasi,
Daniel R. Martinioni,
Francisco J. Mussel &
Fernando E. Novas

AffiliationsContributionsCorresponding author
Nature (2016) doi:10.1038/nature19852
Received 15 July 2016
Accepted 15 September 2016
Published online 12 October 2016

ベガビス・イアアイをめぐっては、飛行する恐竜ではなく、1億8600万年続いた中生代に生息していた唯一の正真正銘の鳥類で、その名前は古生物学者らの間ですでに広く知られていた。他にも、まだ未発見の鳥類がいた可能性はもちろんある。

中生代の終わりには、地球環境を激変させる天体衝突事象が発生した。
小惑星が衝突した可能性が高いと考えられているこの事象では、地球上の動植物の4分の3が死滅した。

クラーク准教授は、南極で発見され、鳴管が示しているのは「恐竜たちの頭上で、鳥たちが仲間同士で鳴き声を交わしていたことだ」と述べている。

つまり、音声コミュニケーションがあったということになる。

この鳴管は、石化した輪状軟骨があることが確認された一握りの化石記録のうちの一つで、輪状軟骨は、軟組織の発音膜を支える骨であると解説している。研究チームは今回、X線マイクロトモグラフィーと呼ばれる高分解能の撮像技術を使用して化石標本をスキャンし、そのデータを基に立体モデルを構成することに成功した。

そして、鳴管の持ち主だった鳥が発していた鳴き声を的確に理解するために、研究チームはこの立体モデルを現代の鳥類数十種と比較した。

その結果、外見がカモやガチョウに似ているとすれば、鳴き声もそれらに似て「ガーガー」や「クワックワッ」だった可能性が高いとの結論に達したと伝えている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。