gaYa広告

2016年10月11日

財務省と日銀、金融へのサイバー攻撃で、G7の対処方針を発表。

犯罪と裁判モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2016年10月12日に、財務省と日銀は2016年10月11日に、G7(Group of Seven/日米欧の主要7カ国)がまとめたサイバー攻撃への金融機関の対処方針を発表した。

「サイバーリスクはより危険に、かつ多様になっており、相互に関連し合う国際金融システムを脅かす存在となっている」と指摘している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

企業や当局のサイバーセキュリティーへの備えを確実にするため金融当局が監視するとともに、官民機関の双方が継続的に対策を更新するよう各国政府に指示した。

各国政府は共通の脅威について互いに知らせ合い、コンピューターシステムへの侵入抑制に向け協力することも求められる。指針は拘束力を伴わない原則という。

米当局者によると、指針では世界の企業と当局が同じやり方でリスクに対処することを目標としている。

サイバー攻撃に対応する役員や職員の責任を経営の中で明確にするほか、サイバー攻撃に対して対応できる体制ができているか定期的なチェックを求めた。

先進国では金融部門へのサイバー攻撃が深刻化している。

G7は金融機関が守るべき基本的な対処方針をまとめて、対応を求める。
今後、各国政府に対し、具体的な法整備を促す見通しである。

G7は金融機関の経営陣に対してサイバー攻撃への体制を整えるよう求めた。
さらに攻撃を受けた際は、被害の範囲や影響を速やかに察知し、被害を最小限にできるよう要請している。
金融規制当局などに速やかに伝達し、共同で対応するように要請した。

大手金融機関は、このような要請に対応できるが、Bitcoine(ビットコイン)などの仮想通貨を扱う取引所の対応は、視野に入っているのだろうか、このところ数回coincheckとメールのやり取りをしただけだが、もうcoincheckを語った偽メールが届いた。

また、Bitcoineを使った支払いを要求したスパム請求書も届き始めた。

公共料金のBitcoine対応などで、再度注目されるようになったが、よほどきちんと対応しないと、将来はない。

ハッカーは、大手金融機関と、このような狙いやすいところも監視している。

特に、オブジェクト志向で構築されたシステムは、セキュリティ・ホールがデータベース化されているので、一般に知られていないセキュリティ・ホールが、ダーク・ネットで流通しているのが常識である。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。