on-the-time.jp

2016年10月09日

EUの住民で18歳の人は、鉄道、飛行機、船、バスの旅行無料!

観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、独占記事として、EUの住民で18歳の人は、鉄道、飛行機、船、バスの旅行無料という概念は、EC(European Commission/欧州委員会)により暖かく歓迎された。しかし、主要な旅行関連業者の反応は複雑であったと報告した。

これまでで最も盛り上がった輸送アイデアこれまでブリュッセルで登場し、ヨーロッパのバインディングで、引き起こされた例と一緒に?改善可動性を通じている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

18歳を超えると、大陸を自由に横切って、相互レール切符の外ですでに提案を受け入れると発表した。

EUは、無限の汎ヨーロッパ旅行によってそれらを海路と空路を授与するために、計画も討議した。

先週、新聞「インディペンデント」はドイツの議員マンフレッド・ウェーバー(Manfred Weber)のビジョンを明らかにした。

すべてのEU国の市民は、それらの18番目の誕生日に自由な相互レール切符のための保証を受け取る。

それらは、相互レールと同じ無制限旅行として、他のメンバー州を探検するために、その時それを使用できる。

概念は欧州委員会により暖かく歓迎された。

それは、Brexit票の後で、EUを立てることを改善するイニシアチブに熱中していると知られている。

しかし、キプロス(Cyprus)とマルタ(Malta)が鉄道を全然持っていない間、共通性を持つ問題がある。

なぜなら、エストニア(Estonia)、ラトビア(Latvia)、およびリトアニア(Lithuania)の鉄道は、相互レール計画に関与しないからである。

輸送委員ビオレタ・ブルク(The Transport Commissioner, Violeta Bulc)は「委員会はこのアイデアが好きである。」と確認し、均一な飛行機、バス、船を含むことができるかどうかのように、より一層の研究を要求した。「計画は、少なくとも次第に、複合方式になるかもしれず、鉄道切符に制限しなかっただけであるか?」と、彼女はステートメントにおいて欧州議会(European parliament)に言った。

この考え方は、ヨーロッパでは驚くようなことではない。

例えば大学生の研究方法は、日本のように大学を選んで勉強する人と、教授を選んで研究する人がいる。
私は、たまたま教授と助教授から、授業を受けていたのでマインツ大学にい続けたが、友人は教授が複数の大学で教室を持っていたので、複数の大学を転々とし、その場合の鉄道料金は驚くほど格安だったし、大学の寮も複数で授業があるときだけ使えるようになっていた。

さらに、ヨーロッパの鉄道には、均一相互利用ができるユーレールパスがあるので、18歳の誕生日に、大人になったということでプレゼントしたということだろう。それを、飛行機、船、バスにまで拡張することは素晴らしい!

こういう発想が、日本ん政治家にも欲しい!

これはイギリスの政治家に、すごいプレッシャーだろう。
EUを出ていくと、若者に嫌われる!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告