2016-09-16

グリーンエネルギーだけの船で、世界一周。

自然

AFPは、次世代ソーラー飛行機「Si2(Solar Impulse 2/ソーラー・インパルス2)」は太陽エネルギーのみで世界一周を達成したが、「海のソーラー・インパルス」と呼ばれる船が、再生可能エネルギーと水素だけで世界一周する歴史的な旅への準備を進めていると報告した。

双胴船「エナジー・オブザーバー(Energy Observer)」号は、太陽光、風力、自己生産する水素のみで、2月に出航する予定にしている。

現在はフランス西岸のサンマロ(Saint-Malo)の造船所で、ソーラーパネルや風力タービン、水を分解して水素と酸素を生みだす電解装置などの取り付け準備が進められている。

プロジェクトの立役者の一人。37歳のビクトリアン・エルサール(Victorien Erussard)によると、船のバッテリーを太陽光や風力エネルギーで充電し、電動モーターを駆動させる。「太陽や風がない場合や夜間は、ソーラーパネルと2基の風力タービンのエネルギーで動く電解装置で作りだされる蓄えられた水素が代わりになる。」と、エルサールは説明した。

そのためエナジー・オブザーバーは航海中、二酸化炭素を排出する化石燃料を一切使用しないと言っている。

2016-06-10---100年後のグリーン飛行機は、水素動力供給飛行機のハイブリッド。
2016-04-24---忘れた頃、ソーラー・インパルス2はカリフォルニア到着。太平洋横断に成功!
2016-06-10---100年後のグリーン飛行機は、水素動力供給飛行機のハイブリッド。
2015-07-11---ソーラー・インパルス2、バッテリー損傷で、飛び立てない。
2015-07-03---Solar Impulseがハワイに到着!
2015-07-01---2015年06月29日に、ソーラー・インパルス2が太平洋横断に出発!
2015-06-03---ソーラー・インパルス2が、小牧で壊れた!
2015-06-01---ソーラー・インパルスは、予定外の名古屋の小牧空港に急遽着陸。
2015-03-09---ソーラー飛行機Solar Impulse-2は、離陸した。
2015-01-30---気球乗り野郎は、ロッキー青木達の世界距離記録を超えた!
2014-04-10---地球1周を飛ぶソーラー・インパルス2を発表。
2013-07-07---ソーラー・インパルス機、ニューヨークで米国飛行旅行を終えた。
2013-05-23---ソーラー・インパルスは、新しい距離記録をセット。
2013-05-03---ソーラー・プレーンはアリゾナの最初の到着地点に着陸!
2012-06-05---ソーラー・プレーン、スペインからモロッコへ向かった!
2009-06-26---気球無着陸世界一周のピカール、今度はソーラー飛行機で挑戦。
1984-11-12---ロッキー青木らが、気球で太平洋横断に成功した。