2016-09-12

マダガスカルは、お金の相互運用性をバックさせる。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、マダガスカルは、タンザニアの後で、相互運用可能なモバイル・マネー・サービスを全国的に広げる2番目のアフリカの国であると報告した。

すべての3つの島あるオペレータサービス、Airtel Money、mVola、およびOrange Moneyは、協定にサインされると、GSMAは言った。

GSMAモバイル・マネー・プログラムは、イニシアチブにおいて3人のオペレータと働いた。

アフリカの最初の完全な相互運用性協定は、タンザニアにあった。

それは2016年02月に発表された。Tigo、Airtel Money、およびZantelは、最初、2014年に結合し、2016年早くに、Vodacomも参加すた。

相互運用性は、種々のネットワークの個人の間のより多くのP2P振替を活発を動かす。相互運用性なしで、ユーザーは、お金を同じネットワークに送ることにだけ制限される。

2016-08-15---Tigo Tanzaniaの頭取は、マネー・リーダーに杭を打つと主張。
2016-02-18---タンザニアは、アフリカでモバイル・マネーで最先端!
2015-04-20---ボーダフォンとMTNは、モバイル・マネー・プラットフォームを相互接続。
2014-08-27---タンザニアのAirtelとTigoはモバイル・マネーの相互交換を開始。
2014-06-24---WorldRemitは別の相互運用取り引きを締結。
2014-06-04---携帯電話事業者は、アフリカでモバイル・マネー相互運用性協定に署名。
2014-05-22---タンザニアはモバイル・マネーのスター。