2016-09-12

元首相デイビッド・キャメロンは、ウイットニーのために議員を辞職。

政治

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は「Breaking News(速報)」として、デイビッド・キャメロン(David Cameron)は、ウイットニーのため国会議員を、即時有効な辞任をしたと報告した。

キャメロンは、ウイットニーを表していたことと、オックスフォードシャー(Oxfordshire)で2001年以来の後継者を見つけるために、補欠選挙を引き起こす。

キャメロンは、ウイットニーを表していたことと、オックスフォードシャー(Oxfordshire)で2001年以来の後継者を見つけるために、補欠選挙を引き起こす。

彼は、EU(European Union/欧州連合)国民投票結果の朝、偶然、イギリスをブロックから取り去ったと確信して、その後に首相を降りた。

発表は、インタビューにおいて前の首相のため前のステートメントの反転である。

今年、メアリー(Mary)において、彼は、BBCラジオオックスフォード(BBC Radio Oxford)で、スケジューリングされた2020年の総選挙の後に、彼が、国会議員として、「続くことを非常に切望している。」と言った。

その時彼が立つかどうかが尋ねられて、「それはとても多くの私の意図である。(That is very much my intention)」と彼は答えた。

遠足に行くような首相辞任であったが、今回はまだ写真もない。

2016-06-24---デイビッド・キャメロンは辞任を発表!

Related Dates