gaYa広告

2016年09月09日

中国船、ギニアの違法操業で高額罰金の可能性。

犯罪と裁判

AFPは、ギニアの経済水域で違法操業する中国船2隻が摘発され、最高でUS$340万(約3億5000万円)の高額な罰金に直面していると報告した。

ギニアのアンドレ・ルア(Andre Loua)漁業・養殖相が2016年09月09日に、西アフリカ諸国は、外国漁船の違法操業による多額の損失を食い止めようと取り締まりを強化していると述べた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、セネガルの4か国は2016年08月28日から2016年09月01日にかけて、EU(European Union/欧州連合)の支援のもと、違法操業の漁船の一斉摘発を実施し、14隻を特定した。

ルア漁業・養殖相によると、中国船1隻は誘導して港に係留したが、もう1隻は逃走したという。

中国船2隻のうち、係留された船には「無免許での経済水域内での無許可操業」で最高100万ユーロ(約1億1500万円)の罰金が科される可能性がある。また、逃走した船の罰金の最高額は、逃走行為による加重により倍増されると報告している。

中国で麻薬により捕まると死刑になるのも国内法なら、これも国内法である。

日本でも、赤珊瑚などの密漁者は、宝石泥棒として、重罪にすべきである。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告