on-the-time.jp

2016年06月23日

この3歳娘の無邪気な写真の「真相」が分かって、母親愕然!

犯罪と裁判

CNNは、米国ミシガン州に住む女性が公開した3歳の娘の写真が国内外から反響を呼んでいると報告した。

ステイシー・ワーマン・フィーリー(Stacey Wehrman Feeley)は3歳の娘を持つ母親である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

娘がトイレの便座の上に立った姿を見て、最初は遊んでいるだけだろうと思ったという。

フィーリーはCNNのインタビューに、「かわいらしいことをやっているなと思った」と述べた。

だが娘がやっていたのは、幼稚園で教わった銃乱射などに遭遇した場合に備えてトイレに隠れる「訓練」だった。

それが分かったとき、フィーリーは感情をこらえきれなくなって涙を流したという。

Facebookでフィーリーがこの時の娘の写真を公開すると、多くの人々から、こんなに幼い子どもがそんな「訓練」をするなんてと驚きのコメントが寄せられた。

米国以外の人たちからのコメントも多かったという。

フィーリーが投稿したのはフロリダ州オーランドで起きた米史上最悪の銃乱射事件から3日後のことだった。

フィーリーは「政治家の皆さん、見て下さい。これはあなたの子どもや孫、ひ孫、将来の子孫の姿です。彼らはあなたの決断に基づいて作られる世界で人生を送り、育っていくのです。(Politicians - take a look. This is your child, your children, your grandchildren, your great grand children and future generations to come. They will live their lives and grow up in this world based on your decisions.)」と書き込んだ。

この投稿には数千人がコメントを寄せた。

「本当につらい」と言う人もいれば、「小さいのに、安全のために身を隠すことを教えられるような世の中で暮らしているのがかわいそう。胸がつぶれる思いだ」と書き込む人もいた。

また外国からは、米国人と銃の関係、そして国民が銃を持つ権利を保障した憲法修正第2条との関係を理解できないという声も上がった。

その一方で、自分も小さい時に同じような「訓練」をしたと語る人もいた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告