8-21

献血の日

健康

日本政府は、それまでの売血制度をやめ、全ての『輸血用血液を献血により確保する体制を確立』すると、1964年08月21日(昭和39年08月21日)に閣議決定した。

1964年当時は未だ売血が盛んな時期であり、1964年03月24日にはライシャワー(Edwin Oldfather Reischauer/1910 - 1990)駐日大使が刺され、そのときの輸血により肝炎感染をしてしまったことや、売血常習者の血液は血球が少なく血漿部分が目立つため「黄色い血」と呼ばれ、全国の学生が黄色い血の追放運動を展開したことなどがきっかけとなり、閣議決定につながった。

この「黄色い血」は、輸血しても効果がなく、また、輸血後に肝炎等の副作用を起こしがちだったため、大きな社会問題となっていた。

1963年にはわずか2%程度でしかなかった献血による輸血用血液が、その後10年間で献血による国内自給達成100%となったのは、政府をも動かした学生などを中心とした全国的な働きかけがあったからこそだと考えられている。

1974年には、民間商業血液銀行が預血制度を廃止したことにより、全てを献血で確保する体制が確立した。

そこで、08月21日を献血の日とした。

ABO式血液型を発見しノーベル賞を受賞したール・ラントシュタイナー(Karl Landsteiner/1868 - 1943)の誕生日の06月14日を世界献血者デーになっている。

1967-01-12---日本血液銀行が買血全廃を決定した。
1964-08-21---売血制度をやめると、閣議で決定された。
1964-03-24---ライシャワー駐日大使が日本少年に刺された。
1868-06-14---ABO式血液型を発見した生物学者カール・ラントシュタイナーが生まれた。
0000-06-14---世界献血者デー(World Blood Donor Day)