2016-08-06

今日、オリンピック出場予定の選手、昨日レイプで逮捕!

スポーツ

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年08月05日に、2016年08月06日土曜日にリオデジャネイロ・オリンピックの開会式の後、すぐに戦う予定であった、モロッコのボクサー選手ハッサン・サーダ(Hassan Saada)は、レイプで起訴され、リオデジャネイロで2016年08月05日金曜日逮捕されて、拘留されたと報告した。

オリンピック選手村でウエイトレスとして働く2人のブラジルの女性により、彼に対して、性的暴力の主張があり、22歳のハッサン・サーダは警察に逮捕された。

それらのステートメントにおいて2人の女性から与えられた情報によると、攻撃は、2016年08月03日水曜日に起こったと言われていた。

警察は、事件が調査される間、ブラジルの法律の下で、より長い間容疑者が適用されているかもしれないけれども、彼らがレイプ調査を実施する間の15日間ハッサン・サーダが拘留されると確認した。

ライト級のボクサーは、メダルのために、予選において土曜日にトルコのメーメット・ナディール(Mehmet Nadir)に対して彼が戦うことが期待されなかったけれども、ハッサン・サーダはリオ・オリンピックでもう戦えないだろうと言っている。