2016-08-02

パキスタンのモバイル・マネーEasypaisaは、拇印認識を提供。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Telenorに所有されているEasypaisaは、使いこなされたバイオメトリックのテクノロジーで、顧客がその小売店を通って送ることができることで、最大の量に増大できると報告した。

拇印認識(thumbprint recognition)のスタートの前に、Easypaisaユーザーは小売店で月額あたりPKR15,000(US$150)の上限で送ったか、または受け取ることができた。

Easypaisaにより、バイオメトリクスで守られて、現在はその限界を月あたりPKR50,000に上げた。

Easypaisaは、拇印方法は、小売店の付加は保証にできて、顧客のCNIC(Computerised National Identity Card/コンピュータ化全国身分証明書)について期限を切らないで、パキスタン政府により塞がれないと言った。

75,000人のEasypaisa小売店の外で、より多くの小売店が追加して20,000より多くが装備され、資金を転送し、受け取るために、バイオメトリックの立証について訓練されている。

「Easypaisaのより高い振替限界は、より高い量を送りたく、それゆえ顧客の届く範囲を増大させて、従ってパキスタンの支店なしのバンキング産業で、真実の可能性をたたく時に助けることで信用する市場の成長セグメントにアドレスする。」とEasypaisaの社長ムハマドヤヒア・カーン(Muhammad Yahya Khan, head of Easypaisa)は、言った。

発展途上国は、疑わないでどんどん新しい技術を採用し始めている。

2016-05-04---TelenorのEasypaisaは、パキスタンのマネー・プラットホームを取り替える。
2016-03-21---TelenorはパキスタンのTameerミクロファイナンス銀行のレストを買う。
2016-02-04---送金プラットフォームとして、シームレス作動するように!
2016-01-26---パキスタンのオンライン支払いを育むEasypaisa。
2015-11-25---Telenorパキスタンは、イギリスのStandard Charteredをセット!
2015-05-11---パキスタンのEasypaisaは、海外からの国際的な送金を狙っている。
2015-02-11---パキスタンのTelenorのEasypaisaは1300万ユーザーでばく進!
2015-02-03---パキスタンのモバイル・マネー・プロバイダEasypaisaは政府を代行。
2014-12-09---パキスタンのEasypaisaの生命保険計画は250,000人の加入者。
2014-10-16---TelenorのEasypaisaは、月間600万人を引きつけた。
2013-04-22---Telenorはパキスタンで、最初にモバイルの普通預金口座を提示。