2016-08-02

イギリスの銀行バークレーズが顧客の言葉を聞く耳を持つことができた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、バークレーズ(Barclays)は、顧客が、音声認識を使ってその電話バンキングにアクセスすることを可能にすること、それは、ピンまたはパスワードというよりも新しい機能を実行したと報告した。

展開は、どのように、アカウント情報と支払いを確保するための方法としてバイオメトリクスが、人気を増加しているかのより一層の合図である。

銀行は、顧客の声紋(voice print)が模倣できないので、サービスが安全であると言った。

バークレーズは言った。

それは、正常な電話バンキング呼び出しの間に、顧客のユニークな声紋を増強する。

顧客は、その時、彼らがサービスのために登録したいかどうかを尋ねられる。

もしその時顧客が登録されたなら、それらのアカウントまたはメンバーシップ数を言い、短い会話をする彼ら必要アイデンティティを確認し、それらのアカウントにアクセスできる。

もし顧客がその時登録したくないなら、彼らは、銀行に、それらの声紋をそのレコードから取り除くように命じることができる。

機能は銀行の個人的なまたは主要なアカウント・ユーザーのためにオープンである。

FAQにおいて、バークレーズは、技術がスピーチ損傷を持っている顧客と作動すると言った。

しかし、もし顧客の声が変わるなら、それらは新しい声印刷物を記録する必要があるだろうと、それは付け加えた。

バークレーズによるその採用にもかかわらず、音声は、調査される時に、めったにバイオメトリクスについてのユーザーの好みの間に主演しない。

普通、彼らは顔面認識または指紋認識を選択すると言っている。

しかし、携帯電話には、最初から電話ということで、マイクロフォンとスピーカーがあり、音声会話管理機能を搭載している。
また、今の携帯電話にはカメラを搭載しているので、アイリス認証、顔面認識の機能を搭載している。
しかし、指紋認証は、携帯電話に新規に搭載する機能になるので、指紋認証の方が異常なのである。

認証科学と携帯電話の共通項を探すと、顔面認識、音声認識、アイリス認識になり、指紋認証は、警察の認証というイメージである。