2016年08月01日

元首として初めて、台湾の蔡英文総統、先住民に公式謝罪。

犯罪と裁判政治

AFPは、台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統は2016年08月01日に、何世紀にもわたって虐げられてきた先住民に対し、元首として初めて公式に謝罪したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

先住民族の血を引く唯一の総統である蔡は、先住民社会との緊張緩和を目指す政府の取り組みの一環として、過去の不当な扱いについて調査する委員会を自ら率いる方針を明らかにしている。

蔡総統は演説の中で「先住民が過去400年間耐え忍んできた苦しみと不平等に対し、心の底から遺憾の意を表し、政府を代表して陳謝する」と述べた。

さらに今回の謝罪を「前へ踏み出す新たな一歩」と位置付け、「歴史を真摯(しんし)に見つめ直し、真実を語る必要がある」と指摘した。

先週末、台北(Taipei)の総統府前では先住民数百人が抗議行動を行い、狩猟権の保護や政府からの具体策の提示を要求していた。

台湾の人口2350万人のうち、台湾には当局に認定された16の先住民族およそ55万人が住んでいて約2%を占めているが、17世紀以降のオランダや清朝、それに日本による統治や戦後の漢族中心の政策などの下で弱い立場に置かれてきた先住民の苦難を振り返り、「権利を侵害してきたことをおわびする」と述べて、過去の不平等な政策の誤りを認め、台湾の総統として初めて公式に謝罪しました。

日本もそろそろ、アイヌから総理大臣が出ないものだろうか!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。