2016年08月01日

ヒラリー・クリントンの水着壁画は、不快か?

アート

ArtDailyは、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の水着壁画はオーストラリアのメルボルンで、不快であると考えられていた後に、伝えられるところではそれが明白化、スター、縞水着が米国大統領指名されたヒラリー・クリントンとして、壁画が残されるべきかどうか?と報告した。

絵画の製作者Lushsuxは、ストリート・アーティストで、ドナルド・トランプ(Donald Trump)とキム・カルダシアン(Kim Kardashian)などの似顔絵も描いていると報告し、取り除くには「哀れ」 であると言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この挑発的な壁画は、メルボルン郊外の中小企業Footscrayの壁にあり、リポートは、企業が、ローカルのMaribyrnong協議会により、それを取り除くように頼まれたと伝えている。

「私達は、落書き防止条例2007(Graffiti Prevention Act 2007)に従って描写のため軽視に基づいてではなく、近く裸の女性ヒラリー・クリントンにそれが不快であると信じる。」と、協議会の取締役会長スティーブン・ウォール(Stephen Wall)は金曜日にフェアファックス・メディア(Fairfax Media)に言った。

それは、人によって違うだろう。他人に押し付けるものではない!

スティーブン・ウォールは、ローカルな警察は、協議会が、10日以内にそれを取り除くために、通知を建物のオーナーに配付するつもりであったと付け加えて、至急壁画についてのそれらの意見を提供するように頼まれたと言っている。

Lushsuxはコントロール不能状態であることで協議会を告発し、壁画をフェアファックスに話し、「違反賢明な同等について」防臭効果がある広告であるとあった。

メルボルンラジオで話すことによって、Lushsuxは、彼のInstagramアカウントで、約110000人の追従者を持っていると言って、彼のため、ヒラリーイメージ写真を送って削除された。

彼は金曜日に3AWに「この日も続いているあなたのソーシャル・メディアで失うアーティストであることが十分に困難で、大きい損失である。」と、言った。

しかし、アーティストは、彼のスタイルを変更する気を全然示さない。次に、彼が何を計画したかが尋ねられて、Lushsuxは聴取者に「私は同様なスタイルでトランプの大きい壁画を描くことができる。」と話した。

クリントンは、どう言っているのだろう?
リーダーシップのあるクリントンで、勇ましいと思うが---

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。