on-the-time.jp

2016年07月11日

日本は、参議院選挙の結果、憲法改正を可能にした。

政治

ドイツのIPG-journalはズベン・ザーラー(Sven Saaler)が2016年07月11日に公開した日本人の政治無関心は、2016年07月10日の参議院選挙で、安倍晋三首相の連立与党の与党が、もう一度はっきりした勝利を得た。

現在、日本の憲法のチェックを推薦する党のキャンプは、衆議院で、そして、3分の2の大多数の参議院で、1947年以来初めて憲法改正を始めることができるようになったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

経済状況と間違った指標に対する広範囲にわたる不満にもかかわらず、政治変化に対する願望は、弱々しく、選挙の盛り上がりも低かった。、2012年の59%、2014年の53%で、わずか24%が彼女の経済状況に関して批判的に自己を表現する間、インタビューされる人の70%以上は彼ら自身には財政的な問題がないことを選択の前に調査において確認した。

しかし、恵まれない人の多くにとって、反対は時事的な政府の政策に、選択肢を提供しなかった。これは、野党には部分的に、選挙運動で有名になるほとんど機会がなかったという事実があった。

最悪だったのが、大阪維新の会で、絶対に落選の元自民党議員を比例代表の上位に並べ、優秀な政治家が蹴落とされる体制で、中央集権打破などと言って、多くの選挙民に馬鹿にされていた!

基本的に、元性犯罪者を衆議院に送り込んだ基本姿勢は、今回も残っていた。

見よ!ズベン・ザーラーが捕らえたこの疲れ果てた若い女性の選挙民の現実!

民主党政権時代を「失われた3年」!?とも言われている。

つまり、彼らには、政治など担えるはずがなかった!

とくに、原発事故への対応は最悪であった!

原発の汚水を飲んで、国民にも飲めという!汚染されたトマトを中国の首相と韓国の大統領、国民にも食えという非科学的な手法。
あんな政治家を国民の代表に送り込んだのは誰だ!!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。