2016-07-23

ミュンヘンの銃撃犯は18歳のドイツ-イラン人アリ・デイビッドと判明。

犯罪と裁判健康美容と医学の科学麻薬とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年07月23日に、ミュンヘン(München)の買い物センターで銃撃騒動を起こし、9人を殺した犯人は、警察が18歳のドイツ-イラン人のデイビッドS(David S)と確認し、前科が全くないといったと報告した。

現地のメディアは、それがアリ・デイビッド・ソンボリー(Ali David Sonboly)であると報告している。

捜査者は、若者がミュンヘンで生まれ、育った。
彼が、OEZ(Olympia Einkaufszentrum/Olympia shopping centre/オリンピア買い物センター)での攻撃の現場から約1kmで自殺した。

ミュンヘン警察チーフフーベルトゥス・アンドレー(Hubertus Andrae)は記者会見でガンマンが、攻撃をテロではなく、「古典的な銃撃大暴れ(classic shooting rampage)」と認定して、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」とリンクを持っていたという徴候が全然ないと話した。

フーベルトゥス・アンドレーは言った。犯罪と犯人を避難民の問題にリンクさせることは、「完全にない」と言った。

彼は、銃撃犯が、不況のために、彼が精神医学の世話で扱われていたと言った。

検察スタイン・クラウスコッホ(Prosecutor Steinkraus Koch)は、記者会見で、容疑者が本にタイトル「子供が殺す理由:精神の中での学校射手。(Why Kids Kill: Inside the Minds of School Shooters.)」と付けさせたと言った:。

警察は、犠牲者は、殺しの間に、ティーンエイジャーと子供を含んで16人の人々が負傷者したと言った。

ソーシャル・メディアにアップロードされたビデオは、うわさによれば、攻撃の間に見物人が彼に外国人恐怖症を叫んだ後に、攻撃者が、「私はドイツ人である」、そして「私はここで誕生した」と叫ぶのを見せる。

ミュンヘン警察スポークスマンピーター・ベック(Peter Beck, a Munich police spokesman)は、「土曜日の朝に捜査官がまだ犯罪の証拠を現場で収集していると言った。

「容疑者について、私達はすべてを試験する必要があるけれども、私達は、まだ、犯罪を引き起こしたものを知らない」と、ベックはAP通信に言った。

彼は、急襲したドイツ日刊ビルト(Bild)によって都市のMarxvorstadt地区のモールからの約2km(1.2マイル)で、「進行中の警察捜査。」を引用して容疑者の父にインタビューしていたレポートについて、捜査官がを確認することを辞退した。

ピーター・ベックは、病院の治療を受けている人々の数は16人で、ひどく傷つけられたのは3人と言った。

土曜日の朝に警察により聴取されたダッシャウアー通り(Dachauer Strasse)の隣人は、容疑者の銃撃犯を「非常に静かであった。」と評した。

コーヒーショップのオーナーで、彼のファーストネームシュテファンは、AP通信に「彼はこれまで『ハーイ』と言ったことがあるだけである。彼の全体のボディーランゲージは非常に内気であった。」と言った。

彼は追加て「彼は決してカフェに入らなかった。彼は単に隣人であり、ゴミを取り出したけれども、決して話さなかった。」と言った。

OEZ(Olympia Einkaufszentrum/Olympia shopping centre/オリンピア買い物センター)
Hanauer Str. 68, 80993 München
をGoogle Mapsで検索したら、そこにはApple Storeがあった。
拡大したら、OEZの隣がApple Storeであった。

麻薬が関係していないことを祈る。

最近のドイツの事件は、どうも麻薬が絡んでいるように感じる。

2016-07-19---ドイツの列車内刺傷事件。
2016-06-23---マンハイムの郊外フィールンハイムのシネマ・コンプレックスで、銃乱射!

Related Dates